ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
坂出市立病院 > 教育体制

教育体制

印刷用ページを表示する 掲載日:2016年6月8日更新

 教育理念と方針 

 

  病院理念・看護部理念に沿って、誠意を持って患者に接し、住民から信頼され

  愛される看護師に育ってほしい・・という願いをこめて研修をしています。

 

 看護部教育理念

 1.坂出市職員をしての自覚を持ち、職場での役割が遂行できる看護師の育成を目指す

 

 2.チーム医療推進のために主体的で自律的な行動ができる看護師の育成を目指す

 

 3.地域の中核病院として市民の健康を支え

   専門的かつ継続的な看護実践を提供できる人材の育成を目指す

 

 4.専門職業人として情熱を誇りを持ち

   自己のキャリア開発に積極的に取り組むことができる看護師の育成を目指す

 

 看護部教育方針

 1.病院理念・看護部理念に沿って、誠意をもって患者に接し、

   住民から信頼され愛される看護師を育成する

 

 2.患者・家族の尊厳を重視し、質の高い看護を計画し提供できる人材を育成する

 

 3.看護実践に必要な専門的知識・技術・高い判断能力を持ち、

   根拠に基づいた継続性のある看護実践能力を有する人材を育成する

 

 4.人間性・社会性に富み、医療人、組織人としての責務を果たすことができる看護師を育成する

 

 5.患者の安全・安楽な療養環境を提供し、医療事故防止に努めることができる看護師を育成する

 

 6.他職種らと協働しチーム医療の一員として自律した行動ができる人材を育成する

 

 7.看護の質の向上と経済性の視点で常に問題意識を持ち

   研究や変革に取り組むことができる人材を育成する

 

 8.自己研鑽に励み、キャリア開発に積極的に取り組み、目標を達成することができる看護師を育成する

 

 看護部教育目標

 1.科学的根拠に基づいた看護実践能力を向上することができる

 

 2.患者の看護過程を展開し看護ケアに生かすことができる

 

 3.専門職業人、社会人として患者や家族と良好なコミュニケーションが取れ

   人間関係を構築することができる

 

 4.感染対策、医療安全対策を遵守し、患者の安全を守ることができる

 

 5.医療チームの一員としての役割を遂行できる

 

 6.看護サービスを充実させるために必要なマネジメント能力を向上することができる

 

 7.自己成長のための学習を継続することができる

 

5つの輪  

研修一覧

 看護研究

 令和元年度院内研究発表会

 2019年11月9日、13部署の発表と坂出市健幸アドバイザー櫃本真聿先生による特別講演「2040年への医療大転換~診療報酬に振り回されない横洞の医療経営~」が開催されました。

 看護部から以下の7部署の発表を行い、最優秀賞として外来部門、優秀賞として4階北病棟が表彰されました。

 

発表内容
題名部署

造血器腫瘍患者の参加型医療を目指して

~治療日誌導入~

5階南病棟
 災害発生直後の病棟看護師に必要な行動を考える5階北病棟

大腿骨、椎体骨折患者の生活スタイルを見据えた

骨粗鬆症に対する看護ケアとスタッフの意識調査

4階南病棟

看護の質・患者満足度向上のために

~ドナペディアンモデルを用いて~

4階北病棟
 HCUにおけるVAP予防の取り組みHCU

手術室防災初動マニュアルの整備

~アンケート調査を基に~

手術室

肺癌患者へのACP実践は人生の最終段階に

影響を与えるか

外来

 

新人看護師ガイドライン

新人看護師ガイドライン

クリニカルラダーシステム

クリニカルラダー

 

 

キャリア開発

平成27年度 OSCE

オスキー

研修スケジュール

集合教育研修

フォローアップ研修


このページの先頭へ