ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
坂出市立病院 > 看護部長あいさつ

看護部長あいさつ

印刷用ページを表示する 掲載日:2021年4月1日更新

令和3年度 年度初めのご挨拶

kikuoka

看 護 部 長

菊 岡 純 子

 

 山に目をやれば山桜が、そして、赤、黄、ピンクと色とりどりの花々が咲き乱れる4月となりました。今年の桜は例年になく長く楽しめ、コロナウイルスで疲弊している私たちの心を和ませてくれます。

 

 先週末、お休みを利用してタラの芽を取りに行ってきました。よく目を凝らしてしっかり膨らんでいる芽を見つけた時の喜びと、摘んだ時の感触、そしてポキッという音はなんとも言えません。さっそく家に帰り、天ぷらにして揚げたてをビールと共に食しました。自分で採ってきたものは格別に美味しく、春の味がしました。自然の恵みとは、なんとありがたいことでしょう。感謝しながら完食しました。コロナ禍で皆さんもなかなかリフレッシュできずにおられるのではないですか?密にならないよう工夫して、自分なりの春を楽しまれてはどうでしょうか。

 

 4月から新採用の看護師17名が仲間入りします。しっかりサポートして、大切に育ててまいります。新人たちも懸命に努力し成長していってくれることでしょう。看護部一同、今年度も安心して入院できる環境を、そして看護を提供してまいります。どうぞよろしくお願いします。

 

2021年(令和3年) 年頭のご挨拶

 

 新年明けましておめでとうございます。地域住民の皆さまにおかれましては、昨年来、コロナウイルス感染症に今なお不安な日々を過ごしておられることと思います。

 

 当院基本理念である「市民が安心して暮らせ、心の支えとなる病院に」の下、看護部では、昨年よりこの困難を乗り切るため、リスクに強い看護をめざし新たな体制の構築、職員教育および育成に力を注ぎ取り組んでいます。With Corona(ウィズコロナ)という状況のなか、皆さまが安心して受診でき、入院加療していただけるよう、今後も知恵と経験を活かし看護部一同尽力してまいります。また、当院への来院に際しマスクの着用、面会制限など、さまざまなお願いにご協力いただき感謝します。この場をお借りしお礼申しあげます。今後ともご協力のほど、よろしくお願いいたします。

 


このページの先頭へ