ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 大橋記念図書館 > 特集担当おすすめ本

特集担当おすすめ本

印刷用ページを表示する更新日:2024年6月29日更新

ジャンルで探す、自分の課題図書

 7・8月のティーンズコーナーの特集は、「ジャンルで探す、自分の課題図書」です。
 中でもおすすめの本は

貧困

『すぐそばにある「貧困」』<外部リンク> 大西連/著  ポプラ社  です。

 この本の著者 大西連さんが、生活困窮者を支援するNPO法人の理事長に就任したのは20代のころ。それも最初は、「社会をよくしたい」「困った人を助けたい」と考えていたわけではなく、バイト先の友達に誘われて参加した"炊き出し"の手伝いが始まりでした。
 ホームレスの人たちと過ごす極寒の年越しや生活保護申請の水際作戦など支援活動を続けていく中で大西さんが目の当たりにするエピソードは、衝撃的でページをめくる手が止まりません。他にも「不正受給ってどれくらいあるの?」「生活保護ってどんな制度?」といったコラムもあるので、日本が直面している"貧困"について知識が深まります。


 この本は、"戦争や社会に向き合う本"というテーマで7・8月の特集コーナーで貸し出ししています。他にも"泣ける本"や"ミステリー好きにおすすめの本"、"人間関係を描いた本"など4つのテーマに分けて、紹介しています。夏休みに何を読もうか迷っている方は、ぜひ、参考にしてみてくださいね。​