ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > くらし・手続き > 保険・年金 > 国民健康保険 > 国民健康保険についてのお知らせ

国民健康保険についてのお知らせ

印刷用ページを表示する更新日:2020年8月1日更新

令和2年度特定健康診査の開始のお知らせ

 坂出市国民健康保険特定健康診査について,新型コロナウイルス感染症の感染拡大により実施を見合わせていましたが,このたび,令和2年8月14日(金)より実施することとしました。

 定期的な健診は,健康を守るためにも大切な機会となりますので,各種健診等の受診をご検討ください。

 また,特定健診の結果,特定保健指導のご案内が届いたかたは,無料で生活習慣の改善を目的に行われる保健指導を受けられますので,ぜひ参加をご検討ください。

 今後,新型コロナウイルス感染症の動向によっては,実施内容の大幅な変更,もしくは,再度中止する場合もありますので,ご理解いただきますようお願いします。その場合は,すみやかに市ホームページや広報誌等に掲載するなど情報提供いたします。

 また医療機関によっては,新型コロナウイルス感染症への対応のため,健診機関等の変更の可能性が考えられますので,一度お問い合わせのうえ受診してください。

 あわせて,受診日に,風邪の症状や発熱等がみられる場合は,受診先の医療機関に事前に電話等で相談のうえ,受診日の変更や中止をお願いします。

令和2年度人間ドック助成事業の中止のお知らせ

 人間ドック助成事業について,新型コロナウイルス感染症の感染拡大を受け,令和2年度は開始を延期しており,保健事業の一環として,人間ドック助成事業の開始について検討してまいりましたが,今年度中の実施は困難との判断に至りました。したがいまして,今年度につきましては人間ドック助成事業を実施しないことと決定しましたので,大変ご不便をおかけすることになりますが,ご理解いただきますようお願いします。

8月から新しい保険証に変わります

 国民健康保険加入者一人ひとりに,1枚のカードサイズの被保険者証(以下「保険証」という。)を交付していますが, 令和2年8月1日から青色に変更されています。原則,有効期限は令和3年7月31日です。

 変更点についてはこちら [PDFファイル/416KB]をご覧ください。

 令和2年8月から保険証と高齢受給者証が1枚になります

  国民健康保険に加入している70歳から74歳までのかたは,医療機関等を受診する際に保険証と高齢受給者証(負担割合が記載された証)の2枚が必要でしたが,このたび保険証と高齢受給者証を一体化し,「国民健康保険被保険者証兼高齢受給者証(以下「保険証兼高齢受給者証」という。)」を送付しております。

 令和2年8月1日からは,「保険証兼高齢受給者証」に一部負担金の負担割合が記載され,1枚で受診できるようになります。

坂出市国民健康保険資格証明書を交付されている方への対応

 坂出市国民健康保険資格証明書を交付されているかたが,帰国者・接触者外来を受診される場合には,資格証明書を提示していただくことで通常の保険証と同じ負担割合で受診できます。

帰国者・接触者外来限定ですので,一般外来などの受診については通常通りいったん全額自己負担となります。通常の保険証と同じ負担割合で受診されたい場合は,受診前に納税相談を行い坂出市国民健康保険被保険者証の交付を受けるようにして下さい。ただし,新型コロナウイルス感染症などより緊急を要する場合には,受診される医療機関と相談のうえで坂出市に連絡していただくことで,通常の保険証と同じ負担割合で受診することができる場合があります。)

詳しくは こちら [PDFファイル/159KB] をご覧ください。

 さらに,坂出市国民健康保険資格証明書を交付されているかたで,新型コロナウイルス感染症に感染したかたのうち,症状がないかた,または医学的に症状がかるいかたの宿泊療養および自宅療養期間中の受診においても,資格証明書を提示していただくことで通常の保険証と同じ負担割合で受診できます。

詳しくは こちら [PDFファイル/163KB]をご覧ください。

国民健康保険の手続き

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)