ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
お知らせ
サービス利用までの流れ
サービスの種類
利用者負担
坂出市内事業者一覧
保険料
在宅福祉事業
各種様式ダウンロード
地域密着型事業者向け
その他

介護保険 よくある質問

コスモス
印刷用ページを表示する 掲載日:2011年4月1日更新

介護サービスを利用するつもりがないので,介護保険に加入しなくてもいいですか?

介護保険は,介護の負担を社会全体で連帯して支え合う社会保険制度です。サービスを利用するかしないにかかわらず,原則として40歳以上のすべての人が加入しなければなりません。

家族に介護できる人がいる場合は,認定に影響するのですか?

認定は本人の心身の状況が基準となりますので,介護する家族がいるかいないかで,要介護の区分が軽くなったり重くなったりすることはありません。サービスを利用する際に,家族や住宅の状況に応じたサービスを選択してください。

要介護認定の有効期間内に心身の状態が悪化したらどうなるのでしょう?

有効期間内に心身の状態が悪化して,現在の要介護状態区分に該当しなくなった場合には,介護保険係で区分変更申請をしてください。(手続きは初回の申請と同じです。)

引っ越す場合には,何か手続きが必要ですか?また,今の住所で受けた認定結果はどうなるのですか?

他の市町村へ転出するときには,必ず被保険者証を返却してください。また,現在の住所地で受けた認定結果については,転出時に発行される「介護保険受給資格証明書」を転出先の市町村に提出すれば,引き続き現在の要介護状態区分でサービスを利用することができます。手続きは14日以内に行ってください。

他の市町村のサービス事業者を利用してもいいですか?

在宅サービスについては,その事業者がお住まいの地域を事業区域としている場合であれば,他の市町村のサービス事業者も利用することができます。また,施設サービスについても,原則として入所する施設を自由に選択できます。

サービス事業者やサービスの内容などに関する相談や苦情は,どこで受け付けてくれるのですか?

サービス内容に関する苦情は,各都道府県ごとに設置されている「国民健康保険団体連合会」(国保連)で受け付けるほか,身近な窓口に申し立てできるよう介護保険係でも受け付けできます。この場合には市が苦情内容の確認を行うほか,内容によって国保連や都道府県が指導等にあたります。