ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 市長の部屋 > 市長あいさつ
市長発言
施政方針
所信表明
市長交際費

市長あいさつ

印刷用ページを表示する更新日:2022年7月1日更新

市長画像

 

本市は、昭和17年7月1日に坂出市として市制を施行し、本年、市制施行80周年という大きな節目を迎えました。この80年の歴史は、幾多の困難に直面しながらも、本市発展のため、果敢に挑み、英知を結集し乗り越えてこられた先人の弛まぬご努力と市民の皆様、企業の皆様、香川県・県内市町をはじめ関係機関の皆様のご支援・ご協力の賜物であり、深甚なる敬意と感謝の意を表する次第であります。  

現在、私たちは、本格的な少子高齢化・人口減少社会を迎えるなか、経済の構造的な変化、急加速するデジタル化への取組み、温暖化など地球規模での深刻な環境問題、国際社会における地域間紛争など様々な課題に直面しております。加えて新型コロナウイルス感染症の感染拡大は、不確実性を一層高めることとなり、これまで直面していた課題がより複雑で深刻なものになりました。

 時代の移ろいとともに社会の価値観は変容し、一方では新たな課題等が顕在化してまいります。今、行政に対する時代の要請は、都市部から地方へ新しい流れを作る地方創生、老朽化したインフラへの対応、資源エネルギー対策、人口減少と少子化の克服など、将来を見据えた持続可能なまちづくりであり、その実現こそが私の責務であります。

 昨年6月、市長に就任以来、政策の一丁目一番地と位置付けている、図書館機能を核とした複合施設の整備等、JR坂出駅周辺の再整備に取り組み、人口減少を克服するための基盤づくりを進めてまいります。あわせて、坂出緩衝緑地の整備や市内公共交通網の整備、また、本年度から実施している小学校給食費無償化など大胆な子育て施策にも取り組んでまいります。

さらに、昨年9月に表明いたしました「ゼロカーボンシティ」の実現や、アフターコロナにおける成長戦略としてのデジタル化の推進、貴重な歴史や文化、豊かな自然、坂出三金時をはじめとする豊富な地域資源や強みを活かした多様な施策を積極的に展開し、本市の将来の飛躍に向けたまちづくりに挑戦してまいります。

このたび、記念すべき節目の年を迎え、本市の未来を見据えた大切な一歩となるよう、先人の築き上げてこられた歴史と伝統を継承しながら、新たな歴史を刻み、誇りあるふるさと「坂出」を次代に引き継ぐ決意と覚悟を持って、市政に全力で取り組んでまいる所存でございます。市民の皆様方におかれましては、引き続き、ご理解とご協力をお願い申し上げます。

 

氏名