ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > くらし・手続き > 保険・年金 > 国民年金 > 年金受給者が死亡されたとき

年金受給者が死亡されたとき

印刷用ページを表示する更新日:2021年4月1日更新

 年金を受けていたかたが死亡されたとき,生計を同じくしていた遺族のかたは「未支給年金請求書」の提出が必要となります。

未支給年金

 亡くなったかたと生計を同じくしていた3親等内の親族(配偶者,子,父母,孫,祖父母,兄弟姉妹,甥姪,子の配偶者,伯(叔)父・伯(叔)母,曾孫,曾祖父母等)は,請求により死亡月までの年金を受け取ることができます。

【必要なもの】

  • 請求者の個人番号(マイナンバー)のわかるもの(個人番号カード,通知カードなど)
  • 請求者の預貯金通帳
  • 死亡者と請求者との関係がわかる戸籍(とう本または抄本)
  • 死亡者の年金証書

  (※場合により,その他の書類が必要なことがあります。)

手続き先

  高松西年金事務所 または 市民課年金係

 

 

 

 

お問い合わせ先

高松西年金事務所 お客様相談室
〒760-8553 香川県高松市錦町2丁目3番3号
Tel:087-822-2842