ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 子育て・教育 > 生涯学習 > 生涯学習 > 香川大学サテライトセミナー

香川大学サテライトセミナー

印刷用ページを表示する更新日:2019年4月17日更新
  香川大学と坂出市が連携して,坂出市民ふれあい会館に「香川大学サテライトオフィス」を開設しています。このサテライトオフィスでは,地域のニーズを取り入れながら,香川大学の教員などにより,魅力ある内容の講座(サテライトセミナー)などを実施しています。

  どなたでも受講していただけます。受講料は無料で、1回限りの受講も可能です。
  事前予約等は必要ありませんので、当日会場へお越しください♪

 

平成31年度前期公開講座

 第1回 「これからの高齢化社会に備えた人生デザインを考える」 

  平成31年5月29日(水曜)10時~11時30分

  講師: 地域マネジメント研究科教授 岩本 直 先生

   内容:これからの高齢化社会に発生する課題をまとめます(介護、税収不足、労働不足等)。その課題に対する自分自身でできること、自分が社会にできることを提示します。
      なお、本講義では健康、年金といったような個人に関するものは取り扱いません。 本講義では高齢化社会到来に係る地域の課題をまず理解し、これらの地域課題対する自分自身の対応方針等について考えていく内容となっています。

 

第2回 「なぜ、人はがんになるのか(がん細胞発生のメカニズム)」   

  平成31年6月5日(水曜)10時~11時30分

  講師:医学部腫瘍病理学 準教授 横平 政直 先生
  内容:正常細胞からがん細胞が発生するまで、遺伝子レベルでの変化に着目し解説します。
      また、そのような遺伝子変化を起こす原因やその予防についての話も盛り込みます。

 

第3回 「四国のプロレタリア文学-壺井栄・黒島傳治を中心に―」

  平成31年7月24日(水曜)10時~11時30分

   講師: 教育学部 准教授 渡邊 史郎 先生
  内容:小豆島出身の壺井栄や黒島傳治は、果たしてどんな作品をかいた作家だったのでしょうか。
     文学史的には、日本の貧困や帝国主義に抗議した「プロレタリア文学(労働者文学)」の作家以外の何者でもありません。
     彼らの作品をこれからいかなるかたちで語り継ぐべきか。壺井の「二十四の瞳」、「大根の葉」、黒島の「二銭銅貨」、等々の作品を、今あらためて考えてみたいと思います。

 

 

*第4回目以降は詳細が決まり次第掲載します。

会  場

    会場は全講座、坂出市民ふれあい会館です。

  所在地    坂出市本町1-2-1

  電話番号   0877-44-5070

 

サテライトセミナーの様子

H29.8.31「楽しく学んで、楽しく実践!やさしい健康講座~熱中症のはなし~」

当日の様子

当日は,26名の方に受講していただきました。