ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > くらし・手続き > 人権 > 人権教育・啓発 > 新型コロナウイルス感染症に関連する人権への配慮について

新型コロナウイルス感染症に関連する人権への配慮について

印刷用ページを表示する更新日:2020年4月21日更新

新型コロナウイルス感染症に関連する人権への配慮について

 新型コロナウイルス感染拡大に関連して,誤った情報による誤解や偏見,いじめ等,不当な差別を行うことは決して許されるものではありません。
 また,テレビや新聞などの報道機関だけでなく,SNS等での投稿や書き込みなどでは,誰もが情報を発信できるため,誤った情報に惑わされて,誹謗中傷や風評被害を発生させないことが大切です。
 本市ホームページや関係省庁からの発信に基づき,新型コロナウイルス感染症に関する正確な情報を入手して,冷静な行動をこころがけましょう。

 

 

「STOP!コロナ差別」市長メッセージ動画

 市では、公益財団法人人権教育啓発推進センターが実施している新型コロナウイルス罹患者や医療従事者等への差別に対するキャンペーン「STOP!コロナ差別―差別をなくし正しい理解を―」に賛同し、市長メッセージ動画を作成しました。

この動画では、 

  1. 医療従事者をはじめ、生活物資の輸送など社会機能の維持のために働いている方々への感謝の気持ち
  2. 新型コロナウイルス感染症の患者やその家族、医療関係者やその家族などへの差別や偏見、誹謗中傷を行わないこと
  3. 正しい情報をもとに冷静な行動をとること

を発信しています。

 

▼法務省「新型コロナウイルス感染症に関連して」(外部サイト)

http://www.moj.go.jp/JINKEN/jinken02_00022.html<外部リンク>