ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

王越とんぼランド

印刷用ページを表示する更新日:2019年8月16日更新

   王越とんぼランドタイトル

施設経緯・概要

 坂出市の東側に位置し、三方を五色台に囲まれ、北は瀬戸内海に面した自然豊かな王越町は、昔から「トンボの里」としてにぎわっていました。地元では毎年「王越とんぼウォッチング」を開催したり、王越小学校では自然環境学習の一環として生徒がヤゴをトンボにかえす体験を行ったりしていました。少子化の影響により平成23年3月に王越小学校は廃校になり、多くの方に足を運んでもらう機会が減少してしまいました。「トンボの里」再生のために、平成30年2月に地元住民を中心に、「とんぼプロジェクト実行委員会」が立ち上がりました。地元住民をはじめボランティアの方々が整備を進め、令和元年7月に新「王越とんぼランド」が完成しました。

 年間を通して四季折々の自然観察を行うことができます。

 ここでは、生まれ変わった「王越とんぼランド」を写真でご紹介します。

 

   とんぼランド1

  生まれ変わった王越とんぼランドには、新たに水路や池、遊歩道を整備し、看板を設置しました。

 

  とんぼランド2

  とんぼランド5

  とんぼランド3

 

  とんぼランド4

 
    

施設所在地

  「番屋」バス停看板が目印です。  

  王越とんぼランド地図