ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織でさがす > 選挙管理委員会事務局 > 高校生に対する選挙啓発出前授業(香川県立坂出商業高等学校)

高校生に対する選挙啓発出前授業(香川県立坂出商業高等学校)

印刷用ページを表示する更新日:2019年12月19日更新

選挙啓発出前授業の開催 「自ら考え,自ら判断し,行動する主権者へ」

 令和元年12月18日(水曜日)に香川県立坂出商業高等学校にて,高校2年生171名に対する選挙啓発出前授業を香川県選挙管理委員会と共催で開催しました。

 

選挙講義

 選挙講義の講師は,香川県選挙管理委員会事務局職員です。

 事前に解いてもらった選挙クイズの回答を生徒のみなさんに発表していただき,正解を確認しながら解説を行いました。

出前授業の様子

模擬投票

 子育て支援の充実を訴える選挙はなこさん,労働環境の改善を掲げる投票たろうさんの2人の候補者を立てて,生徒の皆さんに実際に投票してもらいました。

 (今回の模擬投票で使用した選挙公報 [PDFファイル/137KB]

 投票用紙は,実際の選挙でも使用している用紙を用いました。折って投票箱の中に入れても自然に開くため,開票時間の短縮に繋がります。破れにくく,水濡れにも強く,書き心地も良い優れものです。

 投票箱も実際の選挙で使用しているものです。生徒の皆さんには,可能な限り実際の選挙に近いかたちで投票体験をしてもらいました。

投票箱の確認記載所の様子1

 候補者の氏名は記載台に貼られてある氏名掲示で確認することができます。候補者の氏名を間違えたり,候補者の氏名以外の文字や記号を記入すると無効になってしまうことがあるので注意してください。

記載所の様子2投票の様子

 開票作業も生徒さんに参加していただき,実際の開票に近い形で行いました。

 机に広げられた票を候補者ごとに仕分けてもらい,誤りがないよう再度点検してもらいました。

開票の様子 票を数える様子

 分類・点検が完了した投票用紙は,計数機を使って数えました。1分間に1,500枚も数えることができ,実際の選挙でも素早く正確に処理することができます。

開票結果

 今日の模擬投票の結果,106票を獲得した投票たろうさんが当選となりました。

 現在,若者の投票率の低さが大きな問題となっており,香川県内でも令和元年7月21日に執行された参議院議員通常選挙の10代(18歳,19歳)の投票率は約23%と非常に低い結果となりました。

 若者の投票率が低いと,高齢者向けの政策が優先され,若者向けの政策が行われにくくなってしまうと言われています。この授業をきっかけに,将来18歳を迎えた人はぜひ投票に行ってもらいたいですね。
 

 お疲れさまでした。

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)