ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 観光情報 > 歴史・文化 > 歴史・文化 > 四国霊場79番札所 天皇寺高照院

四国霊場79番札所 天皇寺高照院

印刷用ページを表示する更新日:2021年6月9日更新

四国霊場第79番札所 天皇寺高照院

崇徳上皇の冥福を祈願して崇徳天皇社が建立され,天皇ゆかりの寺ということで「天皇寺」と呼ばれるようになりました。

元は白峰宮の神宮寺で、お寺は崇徳上皇をおまつりする白峰神社に隣接し,本尊は十一面観世音菩薩、「天皇寺高照院」とも呼ばれます。

山門は無く,赤い鳥居があります。現在は四国霊場第79番札所として多くの参拝客が訪れています。

天皇寺

天皇寺  白峰宮

 

アクセス

所在地 坂出市西庄町1713

車 78番札所郷照寺から,県道33号線経由,約20分(約7km)
徒歩 78番札所郷照寺から,遍路道経由(坂出商店街経由),約1時間30分(約6km)

駐車場 約10台(無料)

参道には駐車できません。大型バス等は,JR八十場駅前の有料駐車場をご利用ください。