ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 大橋記念図書館 > 読みメンプロジェクト

読みメンプロジェクト

印刷用ページを表示する更新日:2018年7月1日更新

育(イク)メンの第一歩を『読みメン』から

読みメン ロゴ

『読みメン』ってなあに?

 お父さんも積極的に子育てをしませんか。
 赤ちゃんは言葉をかけてもらうことで,自分がかけがえのない存在として愛され,大切にされていることを実感し,喜びを感じます。この体験が,これからの長い人生の中で生き抜く力となります。

 目と目を合わせ絵本を読んであげれば,そこには子どもとのふれあいが自然に生まれます。読み聞かせの一番のコツは,自分自身が楽しむこと!自分の気に入った絵本を好きなように声を出して読めば,それで立派な読み聞かせです。

 お母さんにとっても,お父さんが子どもに向き合う姿は大きな癒しになるのです。

 おじいちゃんもおばあちゃんも一緒に孫たちへ豊かな言葉で読み聞かせをしてあげてください。

 また,大橋記念図書館ではブックスタートの活動を行っています。こちらのページもぜひご覧ください。

読みメン

読みメンのーと

 子どもへの読み聞かせやふれあいなどを記録し,将来の子どもへの贈り物になるようにと制作した冊子です。子育て中の方に無料で差し上げています。
 『読みメン のーと』には,絵本を読んだ日付と題名,子どもの反応など「読みメモ」の記録がとれます。また,どんな本を読んだらいいか悩む方へ参考のために司書が選んだ『子どもと一緒に読んでほしい図書リスト』も入っています。

読みメンのーと

子どもと一緒に読んでほしい図書リスト [Excelファイル/27KB]

読みメンプロジェクトの行事を開催しています

 男性による読み聞かせの楽しさや体験を父親にも母親にも,そして子育てを応援する方々に知ってもらう行事を開催しています。ぜひご参加ください。開催に関しては随時 ホームページや坂出市広報でお知らせします。

2018年5月 日本国際児童図書評議会(Jbby)の講演会を開催! 

 5月20日 日曜日 日本国際児童図書評議会(Jbby)主催の平成30年度坂出子ども読書活動推進計画事業・読みメンプロジェクト『本をとおして子どもとつきあう―〈聞くことのコップ〉が満ちるまで―』が開催されました。
 講師の宮川健郎氏(武蔵野大学教授)は読みメン。子どもと本をつなぐことためには言葉が大事であると語りました。
 Jbbyの理念である『子どもと世界を子どもの本でつなぐ』57カ国の児童書展示と講演会など盛況で有意義な時間になりました。

宮川健郎氏 講演会

■ 2018年3月 『アメリカ人講師による英語絵本よみきかせ会』 講師:ジョナサン・マッカ―リー氏(香川県国際交流員)

■ 2018年2月 ようこそ!先生『読書と冒険』 講師:増田喜明氏(子どもの本専門店メリーゴーランド店主)

■ 2017年11月 『宇宙ってどんなとこ?宇宙人は本当にいるの?』 講師:木場田繁氏(宇宙航空研究開発機構〈Jaxa〉社友)

■ 2017年8月  『親子で自由研究 古代の木簡をつくろう』 講師:宮畑勇希氏((開法寺跡発掘調査員)

■ 2017年7月  『一人ひとりがみんなたいせつ~心も体もすこやかに~』 講師:くすのきしげのり氏(児童文学作家)

■ 2016年11月 『イギリス人による英語絵本よみきかせ会』・『イギリスに出会おう 文化と歴史』 講師:コーリ・アンドリュー・ジョセフ氏(香川県国際交流員)

■ 2016年11月 『子育てと本のコト』 講師:福井正樹氏(NPO法人 Kirali 代表理事)

■ 2016年6月  『読みメンフェスタ パパ's絵本プロジェクト絵本ライブ』 講師:パパ’S絵本プロジェクト

■ 2015年4月  『読み聞かせライブ』・『絵本読み聞かせ講座~絵本は,きっと,もっと楽しい~』 講師:聞かせ屋。 けいたろう氏(読み聞かせ師)