ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > ようこそ大橋記念図書館へ > 読みメンプロジェクト

読みメンプロジェクト

コスモス
印刷用ページを表示する 掲載日:2017年9月1日更新

育(イク)メンの第一歩を『読みメン』から

読みメン ロゴ

『読みメン』ってなあに?

 お父さんも積極的に子育てをしませんか。
 赤ちゃんは言葉をかけてもらうことで,自分がかけがえのない存在として愛され,大切にされていることを実感し,喜びを感じます。この体験が,これからの長い人生の中で生き抜く力となります。

 目と目を合わせ絵本を読んであげれば,そこには子どもとのふれあいが自然に生まれます。読み聞かせの一番のコツは,自分自身が楽しむこと!自分の気に入った絵本を好きなように声を出して読めば,それで立派な読み聞かせです。

 お母さんにとっても,お父さんが子どもに向き合う姿は大きな癒しになるのです。

 おじいちゃんもおばあちゃんも一緒に孫たちへ豊かな言葉で読み聞かせをしてあげてください。

 また,大橋記念図書館ではブックスタートの活動を行っています。こちらのページもぜひご覧ください。

読みメン

読みメンのーと

 子どもへの読み聞かせやふれあいなどを記録し,将来の子どもへの贈り物になるようにと制作した冊子です。子育て中の方に無料で差し上げています。
 『読みメン のーと』には,絵本を読んだ日付と題名,子どもの反応など「読みメモ」の記録がとれます。また,どんな本を読んだらいいか悩む方へ参考のために司書が選んだ『子どもと一緒に読んでほしい図書リスト』も入っています。

読みメンのーと

子どもと一緒に読んでほしい図書リスト [Excelファイル/27KB]

 大橋記念図書館公認アプリ「読みスタ」

 読みメンのお父さんを応援するため,香川県立坂出商業高等学校ビジネススキル部コンピュータ部門の皆さんがアプリを開発してくれました。

 アプリには

  (1) 読み聞かせのトレーニング
  (2) 読んだ絵本の記録
  (3) 図書館の館内案内 
  (4) 新米パパ同士のコミュニケーション機能
     (メールやTwitterと連携して,読み聞かせの情報交換ができます。)

 などの機能があります。これからも新しい機能が増えていく予定です。
 詳しくは「読みスタ」パンフレット [PDFファイル/1.44MB]をご覧ください。

読みスタのアイコン

 ◆「読みスタ」ダウンロードは上のアイコンをクリックしてください。

読みメンプロジェクトの行事を開催しています

 男性による読み聞かせの楽しさや体験を父親にも母親にも,そして子育てを応援する方々に知ってもらう行事を開催しています。ぜひご参加ください。開催に関しては随時 ホームページや坂出市広報でお知らせします。

過去の行事

2017年 7月 児童文学作家くすのきしげのりさん出前授業を開催 

  7月3日 月曜日 坂出市立坂出小学校にて,読みメンプロジェクト企画「一人ひとりがみんなたいせつ~心も体もすこやかに~」と題して総数約600人の参加者による出前授業が開催されました。
 出前授業では自身の著書の絵本の読み聞かせをしました。教員の経験があり,子どもの心をよく知る著者からの読み聞かせは子どもたちの心を惹きつけました。当館は男性による絵本の読み聞かせを推進していますが,まさしく講師は『読みメン』でした。
 引き続き保護者と読み聞かせボランティアを対象に読み聞かせボランティア育成講座を開催しました。多数の著書についての裏話や,親子で楽しさを共有する読み聞かせの大事さなど夢と未来にも触れ,参加者は感動で涙した有意義な講演会となりました。

くすのきしげのり1 くすのきしげのり2

2016年 6月 読みメンフェスタ 開催

  6月25日 土曜日 香川県と坂出市による男女共同参画啓発事業に関連して,パパ's絵本プロジェクトの皆さんによる「読みメンフェスタ」が開催されました。音楽を交えて一緒に体を動かしたり,参加者の反応を見ながらストーリーを変えてみたりと,自由な発想での読み聞かせをご家族で楽しむ姿が多くみられました。

読みメンフェスタ

2015年 4月 読み聞かせ師「聞かせ屋。けいたろう」がやってきた!!

 4月29日 水曜日 読み聞かせ師「聞かせ屋。けいたろう」氏をお迎えして,読み聞かせライブと読み聞かせボランティア育成講座を開催しました。

 第1部の読み聞かせライブは,0~2歳児と保護者が対象で「言葉・音・動き」をうまく取り入れた構成で,読み聞かせの楽しさを感じさせてくれました。第2部は,3~5歳児・小学校低学年と保護者が対象で,言葉の楽しさをより感じる構成で,パワーのある楽しい読み聞かせでした。講師は「絵本はつながり!親子のつながりのツールとして,絵本を読んで欲しい。絵本がそばにある生活を楽しんで欲しい。」と絵本とのつながりの大切さについて語っていました。

 ボランティア育成講座は,読み聞かせボランティアなど大人が対象で,子どもと本をつなぐ絵本の読み聞かせの仕方や子どもの年齢にあわせた絵本の選び方など,プロの読み聞かせ師による読み聞かせレッスンを身近で経験することができ,今後のボランティア活動での参考にもなる内容でした。

聞かせ屋。けいたろう