ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 分類でさがす > 安全安心・まちづくり > 防災 > 防災一口メモ > 防災ひとくちメモ > 防災ひとくちメモ 『第88回 大切なペットにも備えを』

防災ひとくちメモ 『第88回 大切なペットにも備えを』

コスモス
印刷用ページを表示する 掲載日:2017年10月16日更新

第88回 『大切なペットにも備えを』 平成29年8月16日放送

ペットを飼っているご家庭は多いと思います。疲れていたり寂しい時などにペットと触れ合うことによって癒しをもらったりします。さらには命の大切さを教えられたりもします。そんな家族の一員でもあるペットを災害から守るため備えはできていますか?災害にあうのは人間だけではありません。下記を参考にペットも含めた備えをしましょう。

 

安全な住環境の確保

 ・室内で飼っている場合:家具の転倒防止やガラスに飛散防止フィルムを貼る。
 ・屋外で飼っている場合:ブロック塀の倒壊や瓦などの落下の恐れがある場所は避ける

日頃からのしつけ

 ・「待て」ができるようにする
 ・家族以外の人や動物に慣らす
 ・ケージの中で生活ができるようにする

飼い主が分かるように明示

 災害発生時には離れ離れになっています場合があります。保護された場合に飼い主の元に戻れるよう迷子札を付けたり、マイクロチップを装着しましょう。

ペット用の持ち出し袋の用意

避難先においてペットの飼育に必要なものは基本的には飼い主が用意しておく必要があります。優先度を付けるなどして避難時には持ち出せるようにしましょう。
 ・フードや水、食器
 ・薬
 ・予備の首輪やリード
 ・ペットの写真(家族と一緒に写っているもの)
 ・預かり先やかかりつけの動物病院などの情報
 ・排泄物の処理道具
 ・ケージ等

避難所では、動物が苦手な人やアレルギーのある方への配慮が必要な事から、ペットは屋外の所定のスペースで飼育することになりますので屋内へ連れて入ることはできません。そして、避難所でもペットの世話は飼い主が行うことに変わりはありません。慣れない環境でペットにとっても大きなストレスとなる可能性があります。大切な家族の一員であるペットの行動も考えた準備をしましょう。

 

放送は水曜日のお昼

  坂出市では,隔週の水曜日お昼12時7分頃から,FM-Sun(76.1Mhz)で「防災ひとくちメモ」を放送しています。「防災」というと難しく構えてしまいますが,少し肩の力を抜いて,気軽に防災を考えていきましょう♪ というコンセプトのコーナーです。(同日19時7分頃から再放送) 

 いざという時に役に立つのは,日常の延長線上にあるものです。もしもの時に役立つ防災知識,気楽に行える防災の知恵,そして地震や台風などの話をさせてもらいますので,少しの時間だけ耳をかしてくださいね。

リクエストお待ちしています。

 危機監理室では,次はこんな話が聞きたいなぁ,わたしはこんな防災対策をしているよ,などなど皆さまからの感想やご意見をお待ちしております。
 宛先は,E-mail kikikanri@city.sakaide.lg.jp まで。

防災ひとくちメモ

 バックナンバー 一覧