ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
坂出市立病院 > 先輩からのメッセージ
職員募集
看護師・助産師修学資金貸与制度
先輩からのメッセージ
看護部インターンシップ

先輩からのメッセージ

印刷用ページを表示する 掲載日:2018年3月6日更新
先輩メッセージ写真

ohbayasi

 1年目の頃はわからないことばかりで、これからの夜勤業務の独り立ちも不安が大きいと思います。しかし、これまで学んだことや経験したことは身について自身の力になっていると思うので、不安にならず、先輩看護師に相談しながら自身のペースで患者様と関わっていけば大丈夫だと思います。

 今後も勉強会や処置に積極的に参加し、少しずつ自身のできる幅を広げられるよう、共に頑張りましょう。

 はじめは覚えることばかりで大変でしたが、教育担当・実地担当の先輩看護師を始め、たくさんの先輩方に叱咤激励を頂きながら成長する事が出来ました。また、当院はパートナーシップナーシングシステムを採用しており先輩看護師と共に患者様を看るため未熟な看護ではなく、先輩の鋭い観察力を盗むことができ、毎日が勉強でした。1年目は勉強ばかりでしんどいときも沢山ありましたが、近い先輩や教育担当看護師が話を聞いてくれて、とても心の支えになったのを今でも覚えています。

病棟では月に1度、病棟の特色に合わせた勉強会があります。疾患や処置で分からない事をそのままにせず、勉強会には積極的に参加し一緒に頑張っていきましょう。

kawasaki
sugimoto

 5階南病棟は、血液・循環器・腎臓内科の病棟であり、多くの知識が必要とされる病棟です。1年目はもちろん不安も多く、こなせる業務も少なかったですが、当院はプリセプターシップを導入しており、熱心し指導してくださり、わからないことがあればいつでも先輩に聞くことができます。また、病棟でも勉強会やカンファレンスがあり、多くの知識を身につけることができました。疾患の理解や化学療法の副作用、モニターの波形など覚えるのは難しいですが、1番やりがいのある病棟だと思います。一緒に働ける日を心待ちにしています。

 

 僕は最初に配属された部署が病棟ではなく外来の内視鏡でした。最初に配属される部署は病棟だと思っていたため戸惑いもありましたが他の部署とは違った病院の業務を行うことができ、勉強になりました。2年目の4月から病棟勤務になりましたが、内視鏡室で培ってきた知識が今でも役に立ち、頑張ってきた1年間が自分の力になっていると感じました。それと同時に勤務していて自分自身の未熟な面も感じています。坂出市立病院の看護師として早く一人前になれるように頑張りたいと思います。共に学び、一緒に成長していける後輩を待っています。共に頑張りましょう

takahashi
 masuda

 就職して5階南病棟で勤務しています。5階南病棟は血液・循環器・腎臓内科であり、化学療法や心不全、腎不全等の患者と接する機会が多い病棟です。就職して直ぐはプリセプターの方や先輩方が熱心にご指導していただけるので安心して働くことができます。また、病態や治療方法など分からないことが多くありましたが、病棟での勉強会や先輩からのご指導もあるのでとても成長の出来る病棟と感じています。これから一緒に頑張っていける方を心待ちにしています。


このページの先頭へ