ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > くらし・手続き > 保険・年金 > 後期高齢者医療 > 後期高齢者医療制度の自己負担(入院編)

後期高齢者医療制度の自己負担(入院編)

印刷用ページを表示する更新日:2018年8月1日更新

一部負担金

 病院等の窓口に「後期高齢者医療被保険者証」を提示して受診します。

 一部負担金として,かかった費用の1割(または3割)を支払ってください。

入院時の窓口負担

 入院診療については,同一医療機関での同一月の医療費が下表の自己負担限度額を超える場合に,被保険者証等を提示することで,窓口での支払いを自己負担限度額までにとどめることができます。

 なお,区分2・区分1に該当するかたは,被保険者証に加えて,「後期高齢者医療限度額適用・標準負担額減額認定証」の提示が必要となりますので,あらかじめ申請しておきましょう。申請方法などの詳細は,限度額適用・標準負担額減額認定証の交付をご覧ください。

 <入院の自己負担限度額(1か月)>​

負担区分※1適用区分限度額(1か月)認定証
外来(個人)外来+入院(世帯)多数回※2
3割現役3252,600円+(10割分の医療費-842,000円)×1%140,100円不要
現役2167,400円+(10割分の医療費-558,000円)×1%93,000円必要
現役180,100円+(10割分の医療費-267,000円)×1%44,400円必要
1割一般18,000円※357,600円44,400円不要
区分28,000円24,600円なし必要
区分115,000円必要

※1:所得区分については,所得区分と自己負担割合をご覧ください。

※2:過去12か月以内に3回以上限度額に達した場合,4回目以降がこちらの限度額となります。

※3:1年間(8月~翌7月)の外来自己負担額の上限として144,000円が設けられています。

高額療養費の支給

 1か月間の医療費の自己負担額が限度額を超えた場合は,高額療養費制度の適用が受けられます。くわしくは高額療養費制度をご覧ください。

入院したときの食事代

 入院したときは,医療費の自己負担とは別に,食費の標準負担額を自己負担します。区分2・区分1のかたは,「後期高齢者医療限度額適用・標準負担額減額認定証」の提示が必要となります。

 なお,所得区分については,所得区分と自己負担割合をご覧ください。

所得区分入院時の食費(1食あたり)
一般の被保険者(区分2・区分1以外のかた)※1

460円

区分2

過去1年の合計入院日数が90日※2 以内の場合

210円

過去1年の合計入院日数が90日※2 を越える場合(長期入院該当申請要

160円

区分1

100円

※1 指定難病患者等一部のかたにおいて260円の食費が適用される場合があります。

※2 申請月から過去1年のうちで,区分2の限度額適用・標準負担額減額認定を受けていた期間の入院日数。

療養病床へ入院したとき

 療養病床へ入院した場合は,食費と居住費が必要となります。ただし,難病等で入院の必要性が高いかたは,居住費は必要なく,食事代は一般病床と同様となります。区分2・区分1のかたは,「後期高齢者医療限度額適用・標準負担額減額認定証」の提示が必要となります。

 なお,所得区分については,所得区分と自己負担割合をご覧ください。

所得区分食費(1食)居住費(1日)
一般の被保険者
(区分2、1以外のかた)
入院時生活療養費(1)を算定する保険医療機関への入院 ※1460円370円
上記以外の保険医療機関への入院 420円370円
区分 2210円370円
区分 1130円370円
区分 1(老齢福祉年金受給者)100円  0円

※1 管理栄養士などにより,栄養管理が行われているなど一定の要件を満たす保険医療機関の場合