ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 分類でさがす > 市政情報 > 選挙・市民参加 > 選挙 > 選挙権年齢の引下げについて

選挙権年齢の引下げについて

コスモス
印刷用ページを表示する 掲載日:2016年8月5日更新

選挙権年齢の引下げ

 第189回国会において公職選挙法等の一部を改正する法律が成立し、平成27年6月19日に公布されました。

   今回の公職選挙法等の改正は、年齢満18年以上満20年未満の者が国政選挙に参加できること等とするとともに、当分の間の特例措置として選挙犯罪等についての少年法(昭和23年法律第168号)等の適用の特例を設けることを目的としたものです。

 なお、改正法は公布の日から起算して1年を経過した日(平成28年6月19日)から施行され、施行日後初めて行われる国政選挙(衆議院議員の総選挙または参議院議員の通常選挙)の公示日以後にその期日を公示または告示される選挙から適用されます。

詳しくはこちら(総務省ホームページ)をご覧ください。

高校生向け副教材「私たちが拓く日本の未来」について

  総務省では,文部科学省と連携して副教材の「私たちが拓く日本の未来」を作成し,平成27年9月29日公表しました。

 選挙権年齢等の満18歳以上への引き下げに対応して,政治や選挙等の学習内容の充実を図るために作られたものであります。自ら学んで行きましょう。

 解説編 (PDF形式 3.9MB)解説編を(新しいウィンドウで開く)

 実践編 (PDF形式 2.5MB)実践編を(新しいウィンドウで開く)

 参考編 (PDF形式 1005.4KB)参考編を(新しいウィンドウで開く)

 詳しくはこちら(総務省ホームページ)をご覧ください