ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

後期高齢者医療制度とは

コスモス
印刷用ページを表示する 掲載日:2012年3月1日更新

制度の概要

 後期高齢者医療制度は,老人医療費が増大する中,若い世代と高齢者世代の負担を明確化し,公平でわかりやすい制度とするために,75歳以上の高齢者等を対象に,その心身の特性や生活実態などを踏まえて,今まで加入していた医療保険から独立した制度として,平成20年4月に創設されました。

運営のしくみ

 香川県内すべての市町が加入する「香川県後期高齢者医療広域連合」が保険者となって,資格管理,財政運営など,制度の運営全般を行います。また,各種申請や届出の受付,保険料の徴収などの窓口業務は,坂出市が行います。

被保険者となるかた

 次のいずれかに該当するかたは,それまで加入していた健康保険を脱退し,後期高齢者医療制度の被保険者となります。

●75歳以上のかた(生活保護を受けているかたなどは対象となりません)

   75歳の誕生日から

●65歳から74歳で身体等に一定の障がいのあるかた(本人の申請に基づき,広域連合の認定を受けたかた)

   認定を受けた日から