ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 分類でさがす > くらし・教育 > 人権 > 人権教育・啓発 > 坂出市人権教育・啓発に関する基本指針

坂出市人権教育・啓発に関する基本指針

コスモス
印刷用ページを表示する 掲載日:2016年4月1日更新

坂出市人権教育・啓発に関する基本指針


 本市では,すべての市民の人権が尊重される社会の実現をめざして,2003年(平成15年)12月に「坂出市人権教育・啓発に関する基本指針」を策定し,2013年(平成25年)3月には一部見直しを行い,さらに2013年(平成25年)9月には,「坂出市人権尊重のまちづくり条例」を制定し,すべての行政施策の根底に人権がかかわっているということを認識した中で,市民一人ひとりの人権が尊重されるまちづくりを推進しています。

さまざまな人権課題の解決に向けては,「坂出市人権教育・啓発に関する基本指針」を「人権尊重のまちづくり条例」第6条の「人権施策の総合的な推進を図るための基本となる方針について定める」とする基本方針として位置づけ,当該基本指針に基づき,人権教育・啓発を推進しておりますが,依然として女性,子ども,高齢者,障がい者,同和問題などさまざまな人権問題が存在し,さらに,社会の国際化,情報化などの進展に伴い,新たな人権問題も生じております。このような状況の中,個別課題に関連した法令・制度等の整備や社会情勢の変化に対応するため,2016年(平成28年)2月に基本指針の改訂を行いました。