ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織でさがす > 消防予防課 > ガソリン取り扱い時の注意事項について

ガソリン取り扱い時の注意事項について

印刷用ページを表示する更新日:2019年8月19日更新

ガソリン携行缶の正しい取り扱いについて

 ガソリンは灯油よりも揮発性が高く、災害や事故を発生させる危険性が非常に高いため、灯油用のポリ容器に入れることは非常に危険です。

 ガソリンを小分けで購入される方は、危険物保安技術協会の試験確認済表示の貼られた金属製のガソリン用携行缶を使用しましょう。

 また、注入口の付近には注意事項が表示されています。ルールを守って、安全に取り扱いましょう。 (詳しくはこちら [PDFファイル/227KB]

消太

 

 

 

 

ガソリン携行缶取り扱い時の3つのポイント

  1. 金属製のガソリン携行缶を使いましょう。
  2. 火気のある場所に容器を置かないようにしましょう。
  3. 換気の良い場所で取り扱いましょう。

 

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)