ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 観光情報 > イベント > 瀬戸内国際芸術祭 > 神戸芸術工科大学アートプロジェクト2019

神戸芸術工科大学アートプロジェクト2019

印刷用ページを表示する更新日:2019年4月24日更新

神戸芸術工科大学アートプロジェクト2019

瀬戸内国際芸術祭の会場となっている沙弥島と同じく、約半世紀前に番の州臨海工業団地の造成により四国本土と陸続きとなった『瀬居島』の魅力を多くの方に知ってもらうため、瀬戸内国際芸術祭2013、2016に参加した神戸芸術工科大学が、『瀬居島』に舞台を移し、空き家、堤防、ゲートボール場などを利用し、現代美術、絵画、デザイン、建築の分野を超えたアートプロジェクトを展開します。

1  開催期間・時間

   平成31年4月26日(金曜日)~5月26日(日曜日)

   開館時間:10時から16時半

2 作家および作品

 

(1) 「しましまのうみ」  中山玲佳

 “しましま”とは歴史が連なってできる層また縞柄を意味している。防波堤建設に伴い遮られた、海や浜の風景をそこに暮らす住民と共働で描くことで、失われた景色を取り戻す。

nakayamareika

(2) 「先祖宮」 かわいひろゆき

瀬居はお大師さまとともに生きる町。この地特有の盆灯籠に使われる白い蓮花1000個を生活の痕跡が残る古民家にインスタレーションし、過去と現在と未来の生命が出会う静謐な時空間を創出する。

先祖宮

(3) 「千年の星空」 戸矢崎満雄

千年前にもそこにあった‘星空’。千年先もそこにあると願う‘星空’。空き家となった古民家の屋根裏部屋に、数千個の貝ボタンを浮かべ、光を失う暗い空間に‘星屑’が出現する。

戸矢崎満雄

(4) 「島影と面影」 尹智博

与島五島の「島影」をワイヤーフレームモデルで構築する。そのモデルに光を当てると影によって瀬戸内海で過ごした人々の「面影」が描き出される。島や人々の記憶について思いを馳せる。

尹智博

(5) 「空と海のゲート」 藤山哲朗

使われなくなったゲートボール場に残る選手用ベンチの骨組み。そこに最小限加えられた2枚のプレートが、視覚のゲートとなり港と海の景観を切取る。見過ごされがち景色が、少しだけ意識に留まります。

藤山哲朗

 

3 会場

MAP

4 瀬居島へのアクセス

【自家用車】

会場となる瀬居町は元々島であったため、集落の道幅は狭く、住民専用駐車場しかありません。

ご来場者の方は必ず無料の臨時駐車場へ駐車してください。

【シャトルバス】

JR坂出駅から瀬居島までシャトルバスを運行します。

※同期間に開催中の瀬戸内国際芸術祭2019沙弥島会場へのシャトルバスと兼用

ルート、時刻表、料金はこちらをご覧ください。

【貸し切りバス】

バスのサイズによっては通れない箇所もあります。

お手数ですがお問い合わせください。