ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > くらし・手続き > 地域活動・共働 > 自治会 > 新型コロナウイルス感染症「準感染警戒期」について

新型コロナウイルス感染症「準感染警戒期」について

印刷用ページを表示する更新日:2020年9月15日更新

「準感染警戒期」(令和2年9月12日~)について

 県においては,9月11日(金曜日)までを「感染警戒期」として,特措法に基づく各種の協力を要請し,県民の皆様にご協力いただいてまいりました。

 現状では,一定数の感染者の発生が散発的に見られるものの,感染が急増または拡大しているという状況にはなく,他の都道府県においても,新規感染者が一定程度減少傾向にあると考えられます。こうした状況や県内の医療提供体制などの指標等を総合的に判断して,9月12日(土曜日)以降は,「準感染警戒期」に移行し,引き続き,感染拡大防止の徹底を図りながら,社会経済活動の維持・回復との両立に向けて取り組んでいくことといたしました。

 準感染警戒期においては,これまでの感染警戒期における,いわゆる特措法に基づく協力要請ではなく,協力依頼という形で,県民の皆様に感染防止対策を徹底いただきたいと存じます。

 自治会の皆様におかれましては,こうした状況をご理解いただき,新型コロナウイルス感染防止対策の一層の徹底につきまして,ご協力をお願いいたします。

市民の皆様へのメッセージ

 ・市長から市民の皆様へのメッセージ

 ・知事から県民の皆様への緊急メッセージ(令和2年7月15日)(県ホームページ)<外部リンク>

 ・知事から県民の皆様への重ねてのお願い(令和2年7月17日)(県ホームページ)<外部リンク>

感染拡大防止対策について

 ○準感染警戒期における対策について(県ホームページ)<外部リンク>

 ○新型コロナウイルス接触確認アプリ(COCOA)について(厚生労働省ホームページ)<外部リンク>

  新型コロナウイルス感染症の感染者と接触した可能性について,通知を受け取ることができるスマートフォンのアプリです。

  ○かがわコロナお知らせシステムについて(県ホームページ)<外部リンク>

  LINEアプリを活用し,利用者に訪問する店舗やイベント等でQRコードを読み込んでもらうことで,その人の訪問履歴を蓄積します。

  新型コロナウイルス感染者が発生した場合,この感染者が訪問した店舗・イベント等に同日訪問した人に対して,感染者との接触の可能性をお知らせするものです。

NO コロナハラスメント ~正しい情報をもとに 冷静な行動を~

 ○NO コロナハラスメント(坂出市立病院ホームページ)

 ○「NO コロナハラスメント ~正しい情報をもとに 冷静な行動を~」啓発キャンペーン(県ホームページ)<外部リンク>

 ○新型コロナウイルス感染症に関連した人権への配慮について(県ホームページ)<外部リンク>

     新型コロナウイルス感染症に関して,感染された方やその家族、医療機関の関係者などに対する誹謗中傷やインターネット上での差別的な書き込みなどが見られます。
   不確かな情報を拡散しない,差別やいじめをしないなど、国や地方公共団体等が発表する正しい情報に基づき,人権に配慮した行動をお願いします。