ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > くらし・手続き > ごみ・環境・衛生 > 犬・猫・ペット > 飼い主のいない猫の不妊去勢手術費助成(寄附金募集!)

飼い主のいない猫の不妊去勢手術費助成(寄附金募集!)

印刷用ページを表示する更新日:2022年8月3日更新

 

●飼い主のいない猫のために寄附金を募ります!
  ~飼い主のいない猫を増やさない!住みやすいまちへプロジェクト~

 市内において,飼い主のいない猫(以下「野良猫」という。)の苦情相談が増えています。地域住民の生活環境を守り,住みやすいまちを実現するため,そして何より不幸な命を減らすため,クラウドファンディング等により寄附金を募ります。そして,寄附金を活用し,野良猫の不妊去勢手術を行った市民または市内で活動する自治会等の団体に,その経費の一部を助成します。

ポスター

 

●寄附金の募集について

寄附方法:ふるさとチョイスのサイトまたはけんこう課窓口で申込
募集期間:令和4年6月1日~令和4年8月29日(90日間)
目標金額:100万円
寄附金の用途:野良猫の不妊去勢手術費用の一部助成
※目標金額に達しなかった場合でも補助事業は実施します。
※寄附金は,ふるさと納税制度の対象です。

ふるさとチョイスのサイトはこちらから
https://www.furusato-tax.jp/gcf/1700<外部リンク>

●飼い主のいない猫(野良猫)の不妊去勢手術費補助金

 野良猫の不妊去勢手術費用の一部を補助します。手術することで,性格がおとなしくなり,オス猫のマーキング臭,発情期の鳴き声が軽減され,野良猫の繁殖を防ぐことが期待できます。

申請受付開始日:令和4年6月1日
補助額:1頭につき10,000円(上限)
※同一年度において1世帯または1団体につき2頭まで。
※申請件数が予算額に達した時点で受付を終了する。

【手続きの流れ】
(1) 申請者は不妊去勢手術をする前に補助金交付申請を行います。申請をするにあたり下記のものが必要となります。
 ・飼い主のいない猫の不妊去勢手術費補助金交付申請書 [Wordファイル/34KB]
 ・誓約書 [Wordファイル/27KB]
 ・手術を受けさせる猫が生息する地域を示した地図
 ・振込先口座(申請者の口座)を記載したもの(通帳等)
 ・印鑑(シャチハタ不可)
(2) 市の書類審査後,補助金交付決定通知書が送付されます。
(3) 申請者は補助金交付決定通知書を受け取り,不妊去勢手術を行います。
(4) 申請者は不妊去勢手術終了後,実績報告を行います。実績報告をするにあたり下記のものが必要となります。
 ・飼い主のいない猫の不妊去勢手術費補助金実績報告書 [Wordファイル/35KB]
 ・不妊去勢手術に要した費用が記載された領収書
 ・不妊去勢手術を実施した猫の全身および耳先V字カットが確認できる写真
 ・飼い主のいない猫の不妊去勢手術費補助金交付請求書 [Wordファイル/27KB]
 ・印鑑(シャチハタ不可)  
(5) 市の書類審査後,補助金確定通知書が送付されます。
(6) 補助金が指定口座に振り込まれます。

 不明な点等ございましたら,坂出市けんこう課までお問合せください。