ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織でさがす > 文化振興課 > 朔太郎と詩友 中河与一 ~狭岑の島を訪ねて~

朔太郎と詩友 中河与一 ~狭岑の島を訪ねて~

印刷用ページを表示する更新日:2022年10月31日更新

※萩原朔太郎大全2022「朔太郎と詩友 中河与一 ~狭岑の島を訪ねて~」の展示は10月30日をもちまして終了しました。

 

  本展示に関連した講演会「朔太郎大全をふりかえって」を11月27日(日曜)10時45分より坂出市万葉会館にて開催します。

  どなたでもご参加いただけますので、ご興味のある方はお気軽にお越しください。

  当日は萩原朔太郎大全2022開催期間中の展示を一部ご覧いただけます。

 

  講演「朔太郎大全をふりかえって」 講師:田山 泰三(短歌史研究者)

  日時  令和4年11月27日(日曜)10時45分~11時30分

  場所 坂出市万葉会館(坂出市沙弥島70-1)

  料金 無料

  お車でお越しのかたは臨時駐車場(沙弥島万葉会館バス停東隣)をご利用ください。

 

萩原朔太郎大全2022「朔太郎と詩友 中河与一 ~狭岑の島を訪ねて~」

 萩原朔太郎没後80年となる2022年、朔太郎ゆかりの文学館等全国51会場で共同展示会「萩原朔太郎大全2022<外部リンク>」を開催します。

 萩原朔太郎は坂出市出身の作家・中河与一と交流があり、昭和11年に沙弥島の柿本人麿碑除幕式に出席するために、香川県坂出市を訪れています。

 坂出市万葉会館では、作家・中河与一に関連する資料や著書を中心に展示します。また、会場から徒歩で行ける距離にあるオソゴエの浜には、中河与一ゆかりの「愛恋無限碑」や「柿本人麿碑」などご覧いただけます。

 萩原朔太郎が中河与一を訪ねて来た歴史と文学の香り豊かな狭岑(さみね)の島をお楽しみください。

 

日時

令和4年10月 土日祝のみ 9時00分~16時00分

場所

坂出市万葉会館(坂出市沙弥70-1)

臨時駐車場

沙弥島万葉会館前バス停の東隣駐車場をご利用ください。

駐車場から会場まで徒歩1分ほどです。

臨時駐車場