ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

社会資本総合整備計画について

コスモス
印刷用ページを表示する 掲載日:2017年8月31日更新

社会資本整備総合交付金とは

 社会資本整備総合交付金は、地方公共団体が、地域の抱える具体的な政策課題や地域のニーズ(活力創出、防災・減災、水の安全・安心、市街地整備などといった政策目的)を実現するため、社会資本総合整備計画を作成し、その計画に基づき、目標実現のための基幹的な社会資本整備事業のほか、関連する社会資本整備やソフト事業を総合的・一体的に実施できるよう、国(国土交通省)が地方公共団体に交付する交付金です。

 国土交通省ホームページ(外部リンク)

社会資本総合整備計画について

 地方公共団体が、社会資本整備総合交付金により事業を実施しようとする場合には、社会資本総合整備計画を作成し、国土交通大臣に提出することになっています。(社会資本整備総合交付金交付要綱第8)
 また、計画を作成したときは、これを公表することになっています。(社会資本整備総合交付金交付要綱第10の1)

 本市では、以下の計画を作成し、国土交通大臣に提出しています。

 

 

種 類

計  画  名

計画期間

基幹事業
の種別

提 出 日

備   考

通常

主要幹線から主要病院へのアクセス強化 [PDF]

平成21年度~
平成25年度 

道路 

平成21年6月30日

平成25年度に事後評価を実施

事後評価書 [PDF]

意見書 [PDF]

防災・安全

主要幹線から主要病院へのアクセス強化(防災・安全) [PDF]

平成26年度~
平成28年度

道路

平成26年2月17日

平成28年3月18日に変更

防災・安全

主要幹線から主要病院へのアクセス強化(防災・安全) [PDF]

平成26年度~
平成30年度

道路

平成28年3月18日

平成29年2月27日に変更

防災・安全

主要幹線から主要病院へのアクセス強化(防災・安全) [PDF]

平成26年度~
平成30年度

道路

平成29年2月27日