ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

下水道受益者負担金

コスモス
印刷用ページを表示する 掲載日:2006年8月21日更新

下水道受益者負担金制度とは

 下水道の建設には莫大な費用が必要ですが,それは公費(国の補助金,起債,一般市費)でまかなわれます。
 しかし,下水道が整備されることによる受益は,他の都市計画事業(道路や公園など)のように,市民がだれでも享受できるものではなく,その整備区域だけに限られており,そのために受益者の範囲が限定されるわけです。
 こうした特定の市民のみが恩恵を受ける公共下水道事業費を全額公費でまかなうということは大きな矛盾があり,公平負担の原則から受益の限度内において,これらの受益者から建設費の一部として負担していただくのが受益者負担金です。
 負担金の賦課は,整備区域内のすべての土地が対象であり,その賦課は1回限りです。
 市では,下水道事業の早期完成と財源確保のため,都市計画法に基づき条例を制定し,負担金を徴収するものです。

受益者とは

受益者とは,下水道整備区域内の土地所有者です。
ただし,その土地が地上権・質権・賃借権・使用貸借による権利の目的になっている場合は土地所有者と各種権利者の両者で協議の上,受益者を決定していただきます。

受益者に負担していただく金額は

下水道整備区域内で所有している土地,または権利のある土地の面積に,1平方メートル当たり200円を乗じて得た額(1坪=約660円)が納付総額になります。

【例】
あなたが150平方メートル(約45坪)の土地を所有している場合の受益者負担金は,
 150平方メートル×200円=30,000円
※負担金の賦課は1回限りです。

受益者負担金の納付方法

負担金は,1年2回で3年間,計6回の分納になります。
納付書は,賦課当初に3年間6回分をまとめてお渡しします。
上記の例の場合,1回分の納付額は,30,000円÷6回=5,000円
納期は,毎年度つぎのとおりです。
 第1期 7月1日から7月31日まで
 第2期 1月1日から1月31日まで
納付先は,「坂出市指定金融機関」または「坂出市収納代理金融機関」へ納めてください。

一括納付による前納報奨金

負担金の納入は,3年間の分割納付制を採用していますが,初年度の第1期納期前に負担金を一括して納付する場合に限り,納付した負担金の額に相当する金額に100分の10を乗じて得た金額を報奨金として交付します。

【例】
 初年度の1期に負担金総額,例えば30,000円を一括納付しますと,
 30,000円×10÷100=3,000円の報奨金がつき,
 納付額は,30,000円-3,000円=27,000円となります。

延滞金

 負担金を納付期日までに納付できなかった場合は,その負担金に年14.5%(納付期日の翌日から一月を経過する日までは年7.25%)に相当する延滞金が加算されます。