ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

アミの生涯学習レポート No.6

コスモス
印刷用ページを表示する 掲載日:2012年8月9日更新

ファミリースポーツ教室

こんにちは。
今回は,7月28日(土曜日)に行われた「ファミリースポーツ教室」についてお伝えします。

みなさんは坂出市にあるカヌー研修センターをご存知ですか?

第48回国民体育大会と市制施行50周年を記念して
平成4年6月に府中湖カヌー競技場の中枢施設として供用開始しました。
日本有数のカヌー競技施設として高い評価を得ています。
府中湖では海外の選手団がオリンピックの事前合宿を行ったこともあります。

そんな府中湖でカヌー競技が体験できる!ということで6組の親子が参加してくださいました。
まずはじめに参加者とファミリースタッフで竹クラフトです。
指導はスポーツ推進委員 大森さん
竹クラフト 竹クラフト
何ができるのかは後ほど♪…

そしてまちにまったカヌー体験(午前の部)
指導を受ける子どもたち 練習中
 カヌー研修センター職員の宮崎さんに指導をいただきながら
陸上でイメージトレーニング

少しわかってきたところで実際にカヌーに乗ってみました。
乗り心地はどうですか~?
まだ少し、パドルをこぐのが大変そうです…
初乗り

カヌーは水上を自由に機敏に動き回ることができます。
全くの初心者でもパドルの持ち方,乗り方,バランスのとり方など20~30分ほど練習すれば
ある程度乗ることができるところが魅力だと思います。

朝からしっかり動いてお腹も空いてきたところでお楽しみランチタイムです。
ここで先ほど作った竹クラフトが登場!
流しそうめん 流しそうめん 
大きな竹は流しそうめん台になりました。
このような機会がないと台から作る流しそうめんもなかなかできないですよね。
自分たちで作ったものを使って食べるそうめんは一味ちがうと思います。
楽しそうです。ちなみにカレーもありました!

ご飯をもりもり食べて暑さを吹き飛ばしてのカヌー体験(午後の部)
カヌー体験 カヌー競争
カヌーもだいぶ上達しました。最後には親子対抗でカヌー競争を行いました。
子どもたちには参加の景品として竹の手作りペンたてが贈られました。

広い府中湖の上でカヌーを十分楽しんだ後,子どもたちはスイカ割をしました。

すいか割り 種飛ばし
7人目ぐらいでやっと割れたスイカを食べる子どもたち。
種飛ばしをして遊んでいます。
友達の輪も広がったみたいで良かったです。

今回のファミリースポーツ教室は,初めての方と毎年参加しているという方がいらっしゃいました。
経験者の丁寧な指導もあり初心者でも気軽に楽しむことができたと思います。
また,参加者のアンケートでは「子どもがすっかりカヌーの大ファンになりました。」と
うれしいご意見もいただきました。

このような経験を通して普段は体験できないようなカヌー競技に興味をもってもらい
これから,生涯スポーツとして深く親しんでいくきっかけになればいいなと思います。
また親子で経験することで家族間のコミュニケーションも図ることができます。

今後も,参加者の意見を取り入れながらよりよいスポーツ推進事業となるよう
ファミリースポーツ教室を進めていきます。