ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 分類でさがす > 安全安心・まちづくり > 消防・救急 > 消防 > 住宅用火災警報器の設置・更新について

住宅用火災警報器の設置・更新について

コスモス
印刷用ページを表示する 掲載日:2016年7月25日更新

住宅用火災警報器を設置しましょう

 住宅用火災警報器とは,火災により発生する「煙」や「熱」を感知し,音や音声などの警報音により,火災を知らせる機器のことです。
 住宅火災による死者を減少させるための「切り札」として,平成23年6月1日からすべての住宅に設置することが義務となりました。

 大切な命を火災から守るため,住宅用火災警報器を設置しましょう。
カジナリくん
(イラストは、香川県住宅用火災警報器 P Rキャラクター 「カジナリくん」です。使用許可を得てご紹介しています)

10年を目安に交換を

 設置した住宅用火災警報器は,電子部分の劣化や電池の寿命などで,10年を目安に交換が必要です。
 「いざ」というときに住宅用火災警報器がきちんと働くよう、日頃から作動確認とお手入れをしておきましょう。
とりカエル
(イラストは、一般社団法人 日本火災報知機工業会 P Rキャラクター 「とりカエル」です。使用許可を得てご紹介しています)