ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 分類でさがす > 産業・ビジネス > 入札・契約・支払 > 入札制度 > 平成28年度入札・契約制度の改正について

平成28年度入札・契約制度の改正について

コスモス
印刷用ページを表示する 掲載日:2016年4月1日更新

坂出市発注工事の入札契約制度の改正について

 1.最低制限価格の算出基準の変更

坂出市が発注する建設工事で、平成28年4月1日以降に行われる一般競争入札および

指名競争入札において、最低制限価格の算出基準を平成25年5月中央公契連モデルを

採用することといたしました。

くわしくはこちら [Wordファイル/16KB]をご覧ください。


2.現場代理人の緩和について

受注者の負担を軽減し、より円滑な工事執行を図る等のため平成28年4月1日から要件を緩和します。

現場代理人主任技術者届を求める工事の範囲を平成28年4月1日以降に行われる一般競争入札

および指名競争入札とし、各課発注の見積合せにおいては提出は不要にすることといたしましたので

お知らせいたします。