ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

選挙とは

コスモス
印刷用ページを表示する 掲載日:2012年4月1日更新

選挙とは

 ふだんのくらしの中で感じる思いや願いを,私たちの代わりに国や地域で実現してくれる人を選ぶこと,それが「選挙」です。
 私たちが暮らしている,家族や地域,学校や職場などのさまざまな生活の場や社会をよくするためには,私たちの意見を反映させてくれる,その代表者が必要であり,その代表者を決めるのが「選挙」なのです。

みんなの代表

選挙によって選ばれた代表者は、国民や住民の代表者となります。
したがって、その代表者が職務を行うに当たっては、一部の代表としてではなく、すべての国民や住民のために政治を行うことになります。

多数決

民主政治の原則である多数決は、人々の意見を集約し、決定する際に用いる方法です。
より多くの支持を得た者を代表者とすることによって、政治の安定化を図ります。

身近な選挙

「選挙」とは、私たちの代表を選び私たちの意見を政治に反映させるためのもの。
そのためにも、私たち一人ひとりが「選挙」に関心を寄せることで、「選挙」はもっと身近なものになるといえます。

憲法と選挙

選挙に関する規定を定めた公職選挙法は、日本国憲法第15条で明記されている「公務員の選挙については、成年者による普通選挙を保障する」という憲法の精神にのっとっています。

選挙と政治

日本は国民が主権を持つ民主主義国家です。
選挙は、私たち国民が政治に参加し、主権者としてその意思を政治に反映させることのできる最も重要かつ基本的な機会です。

政治と国民

「人民の、人民による、人民のための政治(政府)」。
民主主義の基本であるこの言葉は、私たちと政治との関係を象徴する言葉です。
国民が正当に選挙を通して自分たちの代表者を選び、その代表者によって政治が行われます。

「引用:総務省ホームページより」