ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 分類でさがす > 市政情報 > 市役所の概要 > 市役所の組織 > 平成24年4月1日から市役所(教育委員会)の組織が変わりました。

平成24年4月1日から市役所(教育委員会)の組織が変わりました。

コスモス
印刷用ページを表示する 掲載日:2012年4月1日更新

 多様化する教育行政の中で,迅速で効率的かつ実効性のある教育委員会事務局の運営を遂行していくため,「市民本位」「市民参加」「市民対話」によるまちづくりの視点から,限られた職員で質の高い行政サービスを提供する行政運営への移行を推進するため組織機構の改革を行ないました。

坂出市組織機構図(平成24年4月1日)

組織機構改革新旧対照表 [Excelファイル/24KB]

【主な機構改革の内容】

教育総務課

従来の学校教育課のうち職員の服務・人事などを担当とする管理係と施設整備の施設係を所管し,従来の社会教育課のうち「仲よし教室」を放課後児童係として所管します。

学校教育課

従来の学校教育課のうち,幼稚園・小学校・中学校の教育課程及び教育内容,児童・生徒の就学に関する事務を所管し,学力の向上やいじめなどの教育上の課題に適切に対応し学校教育の充実を目指します。

生涯学習課

社会教育課における社会教育係と体育課を集約し,生涯教育全般について担当します。あわせて社会教育施設・スポーツ施設の一体的管理を行ないます。

文化振興課

社会教育課における文化青少年係を文化財係と文化振興係に分離し,文化芸術振興に関し総合的な推進を図ります。また,図書館を統合し,図書館・美術館・郷土資料館等の施設の一体的な活用を目指します。