ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織 > 政策課 > お申込み方法

お申込み方法

コスモス
印刷用ページを表示する 掲載日:2016年9月1日更新

次のいずれかの方法でふるさと納税(ふるさと坂出応援寄付)のお申込みができます。

 

 001 インターネットからの申込   申込フォーム

       ふるさとチョイスの申込みフォームからお申込みください。 

001 メール、ファックス、郵送による申込       
      下記のふるさと納税申出書様式をご利用ください。

       メールによる申込の方は、下記「お問い合わせ先はこちらのフォームをご利用ください。

001 ふるさと納税申出書様式

          申込書エクセル        申込書PDF

001 ワンストップ特例制度の申請方法(下記の条件に該当し,希望する方のみ)
      下記申請書に必要事項を記入・捺印のうえ、郵送してください。

    ・寄附金税額控除に係る申告特例申請書

    ・寄附金税額控除に係る申告特例申請書(記入例)

    ・寄附金税額控除に係る申告特例申請事項変更届出書  (提出済の申請書の内容に変更があった場合)

ワンストップ特例制度とは

 ふるさと納税ワンストップ特例制度とは、下記の条件に該当する方で所定の

 申請書を提出した方に限り、確定申告が不要となる制度です。


  1.もともと確定申告をする必要のない給与所得者等であること

     ※医療費控除や住宅ローン控除を受ける方など確定申告が必要な場合、本制度は適用されません。

  2.2016年1月1日以降のふるさと納税先が5自治体以下であること

    ※ふるさと納税の回数ではなく自治体数の合計になります。

  上記の条件を満たしている場合、「寄附金税額控除に係る申告特例申請書」をふるさと納税をした自治体へ

  郵送すると確定申告が不要となります。

  ※6つを超える自治体へふるさと納税をした場合等、本制度を使わず確定申告をすることになった場合、

   必ず寄付金控除の申請を確定申告で行ってください。

  ※転居による住所変更など提出済の申請書の内容に変更があった場合,ふるさと納税をした翌年の
   1月10日までに,ふるさと納税先団体へ変更届出書を提出する必要があります。

【重要変更】

 2016年1月1日以後、ワンストップ特例の制度を利用される場合、申請用紙に個人番号(マイナンバー)を

 記入する必要があります。

 またそれに伴い、なりすまし防止のため、個人番号確認の書類本人確認の書類を申請書とともに郵送

 することが必須となりました。

  「個人番号確認の書類」とは

    通知カードのコピーもしくは個人番号カードの裏のコピー

  「本人確認の書類」とは

    運転免許証・パスポートなどのコピー、個人番号カードのおもてのコピー

    (写真が表示され、氏名、生年月日または住所が確認できること)