ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

さかいで3島物語~櫃石島・岩黒島編~秋

コスモス
印刷用ページを表示する 掲載日:2014年12月22日更新

「さかいで3島物語~櫃石島・岩黒島編~」が開催されました!

 11月8日土曜日,さかいで3島物語 櫃石島・岩黒島編が開催されました。

 秋の櫃石島 岩黒島 を散策しました。

≪ 櫃石島へ出発 ≫

瀬戸大橋を渡り、櫃石島へと向かいます。

この入口から島へ入っていきます。

櫃石島入口

≪ 櫃石島 到着 ≫

入口のゲートをくぐり櫃石島に到着です。

地元の方にガイドしていただきます♪

到着

いよいよ櫃石島のまちあるき開始です!

kannrinnmaru 

★咸臨丸の顕彰碑★

咸臨丸を称える石碑です。塩飽の人々は操船技術に長けていたことから、

江戸時代には幕府の重要な役割を担っていたそうです。

瀬戸大橋

移動の途中。

こんなに瀬戸大橋の近くを通ることはなかなかないので

いい経験ができました。

 手形

★瀬戸大橋開通記念の子どもたちの手形★

櫃石島の幼稚園・小学校・中学校の子どもたち64名の手形です。

橋に設置されていました。

不思議と当時の様子が頭の中に思い浮かびました。

キイキ石

宝珠寺

★宝珠寺

ここは坂出市で最も古い寺子屋として利用されていましたが、

45年前の火事で焼けてしまい、海水で消し止めたそうです。

そばのソテツが黒く焦げていました。

ソテツ

  石切場跡

★大阪城石切場跡★

大阪城築城の際,越前松平家が城壁を築くために石を切り出した場所。

お団子の刻印がその証です。

橋の下を通って

橋の下を通って戻ります。

王子神社  

王子神社に到着です。

 キイキ石

★王子神社とキイキ石★

昔、伊勢参りに行った人が、小さな石を見つけて、持ち帰ったら、

キイキイ言いながら、大きくなったそう。

今でも少しずつ大きくなっていると言い伝えられています。

上の石は、ばべの木で上に持ち上げられていて、自然の力強さを感じました。

札場

★櫃石の札場★

人名(にんみょう)制時代の札場。

本島の塩飽勤番所からの通達を掲示する場所です。

貴重な建物で、坂出市の指定文化財となっています。

そろそろお昼の時間になってきたので、昼食会場に向かいます。

地元婦人会手作りの昼食をいただきました。

めばるも大きく、お湯をかけていただきました。

満腹で大満足の昼食でした。

昼食めばる

昼食も終わり、櫃石島で残すは、櫃岩と歩渡島となりました。

まず櫃岩、急な坂をロープをつたって登ります。

恥ずかしながら、最初、ここから登ると思わないで、

違うところに行こうとしてしまいました。

櫃岩入口

★櫃岩★

ありました櫃岩。

櫃岩

櫃を立てたような形から「櫃岩」と呼ばれています。

源平合戦で敗れた平家の武者が

この岩の下に宝物を隠した言い伝えが残っているということです。

ここから上を見上げると瀬戸大橋から非常に近くてびっくりしました。

櫃岩の上

歩渡島

★歩渡島(ぶとじま)★

最後に「歩渡島」。歩いて渡ります。

魚を持った七福神が迎えてくれました。

七福神 

大漁の神様なのでしょうか。

これで櫃石島の散策は終了です。

地元ガイドの方とお別れして岩黒島に向かいます。

≪ 岩黒島へ ≫

また、ゲートをくぐって島へ入っていきます。

ゲート岩黒島への途中

そして到着しました。

 

地元の方にガイドをしていただき、まちあるき開始です。

 

お大師堂

★御大師堂★

中には鬼瓦が飾られていました。

岩黒島はいい土がとれるので、かつては瓦を焼く技術が優れていたそうです。

沙弥島の理源大師堂の瓦も岩黒島で作ったものだそうです。

鬼瓦

初田神社

★初田(はつた)神社★

佐柳島から岩黒島への移住を勧めた初田助十朗を祭っています。

瀬戸大橋建設の際に、移設されたそうです。

ここにも祠などの焼き物が多数ありました。

祠

 黒浜

★黒浜★

砂鉄を含んだ砂なので本当に黒くなっています。

以前は東側も砂浜だったが、現在はここだけになっているとのことでした。

島の由来も岩が黒いところからきています。

大天狗神社

★大天狗神社★

狛犬

この狛犬の足にひもをくくりつけてお願いするとなくしたものが見つかるそうです。

以上で岩黒島のまちあるきは終了です。

名残おしいですが、バスで坂出駅前まで戻り、解散しました。

瀬戸大橋(帰り)

≪  終わりに ≫

「3島物語」では、自分ではなかなか来られない、

櫃石島、岩黒島に行くことができます。

また、地元の方にガイドをしていただくことで、

あらためて島の良さを感じられます。

坂出市観光協会では、ほかにも与島、小与島に行けるさかいで3島物語など

さまざまなまちあるきを実施していますので、ぜひご参加ください。