ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

さかいで3島物語~櫃石島・岩黒島編~

コスモス
印刷用ページを表示する 掲載日:2014年7月7日更新

「さかいで3島物語~櫃石島・岩黒島編~」が開催されました!

 6月7日土曜日,坂出市観光協会主催のまちあるきイベントが開催されました。

普段はなかなか入ることのできない 櫃石島 岩黒島 を散策しました。

盛りだくさんの内容で,とても楽しい一日を過ごすことができました♪

その一部始終をご覧ください!

≪ 午前9時 坂出駅前集合 ≫

参加者の方には,もれなく

パンフレット等と,さかいでブランド「柿茶」,坂出の絵はがきセットがプレゼントされました!

そして,トコトコさかいで参加者専用のネームプレートを提げて...

いよいよ出発です♪

まずは,瀬戸大橋を通って櫃石島を目指します!

バスの中から外をみると...

牛島

まさかの曇り!!!

普段ならくっきりみえる牛島も真っ白になり,

先行き不安になってきました...。

≪ 櫃石島 到着 ≫

櫃石島のゲートまでやってきました!

櫃石入口 進入禁止

上の写真のように,入口には「一般車両進入禁止」とはっきり書かれてあります。

そんなゲートをくぐって島に到着したら...地元の方にガイドしていただきます♪

櫃石島は,とても治安が良く,鍵をかけて寝ているお家は,なんと島民の半分くらいだそうです。

そんな話を聞いただけで,この島はあったかい所だということがわかります。

そして。

いよいよまちあるき開始です!

かんりんまる1 咸臨丸

★咸臨丸の顕彰碑★

幕末に,勝海舟が太平洋を往復した咸臨丸。

どうして櫃石島に咸臨丸が...?

咸臨丸には,櫃石島の水主3名を含む,塩飽諸島の水主35名が船員として乗り込みました。

幕府の遣米使節の組員に選ばれるということは,

櫃石島の水主は,すばらしい操船技術を持っていたのですね!

ところで,この石碑の左上の黒い四角部分,

なんだか気になりませんか?

角度を変えてみてみると...

咸臨丸2

なんと,荒波を越える「咸臨丸」が浮かび上がりました!

こんな仕掛けがあるなんて...感動です♪

 子どもの手形

★瀬戸大橋開通記念の子どもたちの手形★

櫃石島の幼稚園・小学校・中学校の子どもたち64名の手形です。

櫃石島に訪れないとみることのできない貴重な記念碑です。

こんな隠れたところにも,大切な思い出が残されているんですね。

橋の下の橋

★大浦通こ線橋★

瀬戸大橋の下を通ることのできる歩道橋。

きれいな緑に癒されながらゆっくり歩いていると...

電車

電車が通りました!

普段よくみる電車ですが,瀬戸大橋の下を通っている姿をみるのは

なんだか特別な感じがするものですね。笑

松島眺望

向こうの方に松島が!

松島には,藤原純友の伝説が残された神社があるそうです。

...そういえば。

やっと晴れてきました!

参加者の方々の元気が天に通じたのでしょう♪

だんご石  だんご石アップ

★大阪城石石切場跡★

大阪城築城の際,石垣を築くために石を切り出した場所。

残石「銭噛石(ぜにがみいし)」には,くし団子の刻印が!

それが右上の写真です。

見づらくて大変申し訳ないのですが...

丸が2つに横棒1本で,お団子のような形になっています。

そして。

だんご岩をみて少し山を下りていると...

西浦

櫃石島西浦の砂浜!!!

こんなにいい景色をみられるなんてとても贅沢です。

でももっと贅沢な景色が...

タイタニック

タイタニック!!!

気温も上がりとても暑いなか,

さらに熱くなってしまいますね。笑

王子神社  巨石

★王子神社と背後の巨石★

県指定の無形民俗文化財である王子神社の境内では「ももて祭」が開催され,

小笠原流弓術によって豊凶を占うそうです。

その背後の巨石(右上写真)は,「キイキ石」と呼ばれ,この石には伝説があります。

昔,島の人がお伊勢参りで見つけた小さな可愛い石を着物のたもとに入れて持ち帰ったそうです。

その石が「キイキイ」と鳴きながら大きくなっていったそう。

櫃石島では,豊かだということを表すネズミ(=キイキ)にちなんで,

この「キイキ石」をまつることにしたそうです。

今でもこの石は少しずつ大きくなっているとか...

なんだかとても不思議な話ですね。

そして,王子神社の鳥居さんの近くにある石灯篭。

 落ちない石

この石は,素晴らしいバランスで保たれており,

阪神淡路大震災が発生したときも崩れませんでした。

そんな「落ちない石」は,受験生の合格祈願ともなっているそうです。

このように,王子神社には,不思議な言い伝えがたくさんあり,

知れば知るほど面白い発見がありそうです。

札場

★櫃石の札場★

人名(にんみょう)制時代の札場。

歴史上,民俗学上からも,貴重な建物だそうで,

共同井戸の傍らに建てられた札場は,島人たちにとって寄り集まりやすい場所だったようです。

櫃石島散策も終盤に差し掛かってきました。

櫃岩まで

急な山の斜面を登ります。

こんなところに本当に目的物があるのだろうかと思いながら...

櫃岩

★櫃岩★

ありました!

島名の由来とも言われる櫃を立てたような櫃岩です。

ここからは瀬戸大橋をほぼ真下から見上げることができました♪

ぶとじま

★歩渡島(ぶとじま)★

「歩いて渡る島」

名前のとおり櫃石島から歩いて渡りました。

歩渡島には,なんと,七福神が...!

七福神1 七福神2 七福神3

七福神4 七福神5 七福神6 七福神7

この神様たちのおかげで,

のんびりとした美しい島が保たれているのでしょう。

≪ たくさん歩いて疲れたあとは...? ≫

皆さんお待ちかね!

お昼ごはんです♪♪♪

お弁当

★地元婦人会の方手づくり郷土料理★

メニューは,

地元で獲れた新鮮な鰆

季節の野菜と地元で獲れたタコの天ぷら

地元ならではの鯛飯

など,

本当においしいお弁当でした!

特に鰆は,臭みもなく普段スーパーで買うお魚とは全然違う!

と大好評で,皆さん大満足のようでした。

≪ いざ,岩黒島へ ≫

おなかいっぱいになったあとは,

次の島「岩黒島」です。

 岩黒島 入口

くるくる道路を下りていく途中,

早速こんな素晴らしい景色を堪能することができました!

地上に下りたら,地元の方にガイドしてもらいます♪

初田神社

★初田(はつた)神社★

岩黒島の産土神(うぶすながみ)で,主神は埴安神(はにやすのかみ)ですが,

昔無人島であった岩黒島の開発を勧めた初田助十朗のご恩を感謝してお祀りしているそうです。

内部はこちら

初田神社 内部

外観より内部の方が明るい印象を受けました。

奥には次のようなことばが飾られていました。

「初物は 田海いわず 神供え 社守りて 久遠に栄ゆ」

初めてのものは何でも神に供えることによって永遠に栄えていくということでしょうか。

そして,一文字目だけを横に読むと...

物は 海いわず 供え 守りて 久遠に栄ゆ」

こんなところでも,面白い発見をすることができました!

狛犬 狛犬 ひも

★大天狗神社の狛犬★

大天狗神社には大天宮が祀られています。

なくした物をした時にはお祈りしたり,狛犬の足にひもを結んだりする(右上写真)と,

なくした物がみつかるそうです。

実際にこの大天狗神社を訪れてなくなったものがみつかった方もいらっしゃいますので,

まさに大天宮さまさまだと思いました。

また,この狛犬のように,

焼き物の島「岩黒島」には,たくさんの焼き物がありました。

いい土がたくさん採れる岩黒島ならではの特徴ではないかと思います。

その土の一部がこちらの砂

岩黒 砂

岩黒島の名前の由来でもある黒い砂です。

そして,今回のまちあるき最後は,

港の前にある,漁業の神様「えびすさん」にサンゴが祀られている神社!

えびす神社

★恵比須神社★

サンゴ

サンゴが祀られている神社は初めてみました!

これも瀬戸内海に面する岩黒島ならではですね♪

≪  さいごに ≫

今回参加してみて,本当に盛りだくさんの内容で,

ここに書ききれない程いいところがたくさんありました!

まちあるきは,

個人で観光するだけでは見逃してしまうような面白い発見ができたり,

ガイドさんの説明により今まで知らなかったことを教えていただいたり,

初対面の人と仲良くなれたり,

おいしいご飯が食べれたり!!!

たくさんの魅力がいっぱい詰まっています。

少しでも興味のある方はぜひぜひいろんなまちあるきに参加してみてくださいね♪

幸せになれそうなハートにみえる石(in岩黒島)→ ハート石