ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

加茂町史跡と国宝神谷神社本殿をめぐる

コスモス
印刷用ページを表示する 掲載日:2014年12月24日更新

トコトコさかいでNewまちあるきイベントを開催しました!

平成26年12月13日(土曜日)
坂出市観光協会主催のまちあるきツアー 
「加茂町史跡と国宝神谷神社本殿をめぐる」が開催されました。
このツアーは,初めてのコースで,
坂出市の新たな魅力を発掘することができました!

★午前中★加茂町史跡めぐり

集合場所の坂出駅を出発し,近くまでバスで移動♪
加茂町を目指します。
目的地に着いたら,地元の『山樋史跡保存会』の方々と合流。
午前中は史跡保存会の方がガイドしてくださいます。
これこそまさに!

市民共働!!!

山樋史跡保存会の方と合流

ガイドさんに一日のあらましを聞いて...
まちあるきスタート!

ここからは訪れた場所を振り返っていきます♪

(1) 鴨廃寺

田んぼの奥の方には何やら丸い物体が...!!

鴨廃寺

近づいてみると...

鴨廃寺2

巨大な石!!!

この石は,塔の心礎と考えられ,
かつてここにお寺があったことを示すそうです。
石の上には穴があいていました。
ここに中心柱が建っていたのでしょう。

(2) 馬ノ神宝塔

馬ノ神  宝塔

昔,この地で競馬が行われていたことや,
この辺りの地名「山の神」からついた名前だそうです。
また,宝塔とは仏塔のことで,お釈迦さまの遺骨を安置する塔の一種だそうです。
この宝塔,元々つるつるだった表面が
風雨にさらされて,このようなざらざらになったとか。
裏には穴があいており,中が空洞だったことがわかります。

(3) 穴薬師古墳

穴薬師内部  穴薬師からの道

石室の中に薬師如来が祀られていたことから,この名がついたそうです。
昔,この地方に渡来した綾織姫のお墓であるという言い伝えから,
「綾織塚」とも言われています。
また,この古墳は,古墳後期に群集点在する横穴式石室墳の中でも
最も優位に構築され,とても立派で,
何度みても驚嘆してしまいます。

また,右上写真は穴薬師古墳のそばを通る道で,
昔はこの道を通って足尾さんまで歩いていたそうです。
現在では,採石業を営んでいるため通ることはできませんが,
この道を通って白峯寺までお参りに行っていた
ということを知った参加者の方は,大変驚いていました。

穴薬師説明  穴薬師帰り

(4) 鴻ノ池古墳群

下の写真は鴻ノ池の写真です。
中心部に白いものがみえているのがわかりますか?

鴻ノ池1号

これが「鴻ノ池1号墳」です。
池の中には,1~3号墳が水没しており,
そのうち1号墳のみ天井石がうっすら水面に顔を出しています。
水中の姿はこちら

鴻ノ池1

これは,鴻ノ池改修のため水をひいた際の写真です。
水中でもこのような形で保たれていることに大変感動しました。

また,4~5号墳は池の北側の畑の中に存在しています。
 鴻ノ池4号墳

上の写真は,特に石室がしっかり残っている「鴻ノ池4号墳」です。
天井部には,大木が生き生きと生い茂っていますが,
その重量にも負けないこの古墳は,
さぞかし丈夫なつくりをしているんだろうなと思いました。

(5) サギノクチ古墳

サギノクチ  サギノクチ潜入

羨道から玄室の壁面に,木の葉などの線刻画が描かれていることから
別名「木の葉塚」と呼ばれるこの古墳。
普段は鍵がかけられ中に入ることはできませんが,
今回は特別に山樋史跡保存会の方が
閉ざされた扉を開いてくださいました!
中に入ってみると...

サギノクチ壁面

皆さんも見つけてみてください!
上の写真には,はっきりと木の葉が描かれています。
何百年も前に描かれたものが現在も残っているなんて,
古のロマンを感じますね♪

(6) 山ノ神2号墳

山の神  山の神潜入

この古墳の特徴は,
まず,玄室の大きさ!!!
穴薬師古墳は県内でも立派な横穴式石室ですが,
山ノ神はその次に大きいと言われているそうです。
また,天井の巨大な石!
こんな大きな石を倒さずに何百年も保つためには,
工夫の凝らされた構造になっているんだろうなと思いました。
そして,山ノ神にもあります。
線刻画!

山ノ神壁面

サギノクチ古墳は,木の葉が1枚ずつにわかれて描かれていましたが,
山ノ神古墳は少し違っています。
山ノ神では,枝に数枚の葉が付いたものが描かれており,
上の図では少しみづらいと思いますが,
落ち葉と石壁の境目くらいに描かれています。
近くで見たい方は,ぜひ次回のツアーで♪

(7) 東鴨神社

午前中を締めくくるのは,東鴨神社。

東鴨神社

この神社は,空海の伯父「阿刀大足(あとのおおたり)」が
大和国『高鴨神社』を勧請したことから,西鴨神社ととともに建てられたそうです。
静謐な空間に,とても古のロマンを感じました。

そして,
お世話になった山樋史跡保存会の方々とは,ここでお別れです。
次は,皆さんお待ちかね,昼食会場へ向かいます♪

☆★☆ 昼食 ☆★☆

お食事をさせていただくところは,
五色台病院の西隣にあるカフェ「プルミエ」です。
医療法人社団五色会の方々にご協力いただき,
今回特別に窯焼きピッツァのスペシャルランチをご用意していただきました♪

プルミエは,フランス語で「主役」という意味で,
自分自身が主役となれるような生活ができるようにお手伝いをしているところだそうです。
入院中の患者さんへのピア・カウンセリングなどをしている病院の一部です。

お食事を待っている間,病院で育てているオリーブを使用したお茶も提供してくださいました。
オリーブの風味が口いっぱいに広がり,優しくて上品なお味でした。

サンドイッチセット  ピザ

そして,ランチメニューは,
生地やベーコンまで手づくりの焼き立て「石窯ピッツァ」に,
野菜やたまご,フルーツをたっぷり使った3種類の「サンドウィッチ」,
野菜サラダやフルーツ,
デザートまでついていました!
もう...

大満足!!!

ボリュームたっぷりの絶品ランチ,
ぜひともたくさんの方に味わっていただきたい!
そんな思いでいっぱいになりました。

☆ セラピーガーデン ☆

おなかいっぱいになった後は,
五色台病院の敷地内にある「J’s Therapy Garden」へ。
ここでは,ポニーたちとのふれあい,乗馬体験,
窯焼きピザ作り体験,陶芸体験ができるそうです。
中でも今回は,2匹のポニーとふれあいます♪

ももちゃん  アンディくん

迎えてくれたのは,ももちゃん(左上)とアンディくん(右上)!
ももちゃんは,鼻がぽにょぽにょで,えさを食べた後に
その鼻に緑色のえさをつけた姿がとても愛らしかったです。
アンディくんは,とっても甘えん坊で,
服を引っ張ったり,鼻でつついたりする姿がとても可愛かったです。

ももちゃんふれあい  アンディくんあいさつ

参加者の方になでられたり,声をかけられたりして,
ポニーたちも何だか嬉しそうでした。
参加者の方もとても癒されたようでした♪

★午後★神谷神社めぐり

最後は,国宝「神谷神社本殿」!
神主さんがガイドしてくださいました♪

神谷神社本殿

さて,この本殿,
普段は鍵がかかって中まで入ることができません。
しかし,
今回は特別に中までみせていただくことができました!

鎌倉時代から焼失したり,建て替えられることもなく,
現代に語り継がれてきたこの国宝。
坂出にこんなすばらしいものがあるなんて,とても誇らしいですね。

本殿屋根  本殿柱

左上写真は,本殿の屋根です。
何百年もの時を経ているというだけあって,
とても趣深いなと思いました。
また,右上写真は,本殿の柱と土台の石垣との接着部分です。
この本殿は,石垣に合わせて建てられているため,
とてもどっしりとしていて,
阪神淡路大震災が発生した際も
ビクともしなかったほど頑丈なのだそうです。

また,神主さんからは,正しい神社の参拝方法を教わりました。
皆さんは,神社を訪れた際,
どのような方法でお参りしていますか?

私は今まで,
自分のお願いを一方的に拝んでいました。
でも,
これではいけないのだそうです。

正解は...

まず最初に,
自分が今生きていられることに対し,

「ありがとう」

とお礼を言い,
そのあと初めて自分のお願いをしていいそうです。

私は,来年の初詣から
早速この方法でお参りしたいと思います!
皆さんもぜひ試してみてくださいね♪

☆★☆ 最後にひとこと ☆★☆

今回,初めてのコースに参加してくださった皆さん,
突然のお願いも快く引き受けてくださったご協力団体の皆さん,
本当にありがとうございました!

当日はとても寒く,至らない点も多々あったと思いますが,
坂出市の魅力を改めて感じていただけたのではないかなと思っています。
ツアー途中や最後に,

「ずっと坂出市に住んでるけどこんなとこ知らなかった」
「来てよかった」
「お昼ごはん,すごくよかった」

などと声をかけていただき,本当に嬉しかったです。

来年もこのツアーができたらいいなと思っています。
また,このツアー以外にもまちあるきイベントはたくさんあるので,
少しでも気になった方はぜひ,
坂出市観光協会」のホームページへ!