ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

遍路道ウォーク《新緑編》

コスモス
印刷用ページを表示する 掲載日:2014年5月16日更新

「遍路道ウォーク《新緑編》」が開催されました!

 5月10日土曜日,坂出市観光協会主催のまちあるきイベントが開催されました。

新緑の木々に囲まれたトンネルの中を歩く,春の遍路道ウォークです。

その一部始終を写真とともにお伝えします。

出発 ★白峯寺★

午前9時,集合場所である坂出駅を出発し,バスで移動♪

白峰パークセンターに着いたら,いよいよまちあるき開始です!

白峯寺   十三重塔1

白峯寺周辺には,重要文化財である「白峯寺十三重塔(右上写真)」など,

多くの指定文化財が所蔵されているそうです。

ところでこの十三重塔,

本当に十三重になっているのか数えてみると。。。

十三重塔2

1,2,3,...13!

きれいに13段になっていました。

遍路道起点   下乗石

★遍路道起点の道標と丁石★

少し見にくいですが,真ん中の長方形の丁石には,「根香寺へ五十丁」とかいてあります。

1丁=約109mなので。。。

ここから約5.45km先を目指すということです。

「結構遠いなあ…」と思いながら,キラキラ光る新緑のトンネルの中を歩いていきます。

 ★下乗石(げじょうせき)★

右側の石像は,「笠塔婆(かさとうば)」で,ここから白峯寺の聖地に入るには,

どんな高貴な人も乗物が禁じられていたそうです。

左側は,添碑で,笠塔婆に小屋を建て保存したことが記されています。

歩いていると,木のトンネルがありました! 

 木のトンネル

まるでトトロの森に迷い込んだような気持ちになりました。笑

 

《 さて,ここでちょっとしたクイズです! 》

今回の遍路道ウォークで歩いた山道の中,木漏れ日になっている木(下写真)は,

何という名前の木でしょう?

ヒサカキ

正解は。。。

 

 

「ヒサカキ」

だそうです。

この木は,日光が当たらなくても育つそうで,

30年ほど前から増えているそうです。

ヒサカキと太陽のコラボレーション,

最高ですね!!!

 ゴール ★根香寺★

根香寺    手水舎  

左上は,根香寺の仁王門より入ってすぐのなが~い石段です。

新緑の木々に囲まれた心和む景色です。

右上は,手水舎です。

一目見た瞬間,「カボチャや!かわいい!」と思いましたが,

きっと蓮の花をイメージしているのでしょう...おそらく。

最後は,白峰パークセンターでおいしいお昼ごはんをいただきました!

ランチ

春を感じさせる鰆とサーモンの押し寿司や,

坂出の三金時のひとつでもある「金時イモ」を使用したサラダ,

わらびの酢の物やおいしいお魚のフライなど,

盛りだくさんの絶品ランチでした♪

ボリューム満点なのに,ペロリとたいらげてしまいました。

新緑の美しい木々やおもしろいお花がありました!

オドリコソウ2   ハコベのなかま

左上 ★オドリコソウ★

「春の舞姫」と呼ばれ,シソ科で,茎が四角いところが特徴だそうです。

淡いピンク色で春を感じますね♪

右上 ★ハコベのなかま★

小さな白いお花で,とてもかわいく癒されますね♪

 

《 ここで,もうひとつクイズです! 》

ゼンマイ

こちら,ゼンマイの葉なんですが,この葉1枚とはどこを指すと思いますか?

 

 

 

 

正解は。。。

ゼンマイ(アップ)

このように,一見枝分かれしているようにみえる葉を全部セットで1枚と数えるそうです。

なので,上の拡大写真は,これだけで1枚なんです!

なんと,茎は地下にあるそうです!

みなさんもゼンマイをみかけたら,どこが葉っぱ1枚分なのか,確認してみてくださいね♪

*。。最後に。。*

最後に,参加者のみなさんの感想は。。。?

「疲れた!」

という方はひとりもいませんでした!

さすがみなさん元気な方ばかりでした。

また,多くの方が「また参加したい!」とおっしゃっていました。

途中経過   観察   

ちなみに私は,今回みなさんと一緒に山道を歩いて,

こうして自然に癒されるのは気持ちいいなあと思いました。

ひとりで長距離を歩くのは,なかなか機会がありませんが,

このようなイベントで,たくさんの方と一緒にお話をしながらの山歩きは,

運動にもなるし,とても楽しいものだと思います。

最後

これからも様々なまちあるきイベントが企画されているので,

ぜひぜひみなさん,参加してみてくださいね♪