ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 分類でさがす > 観光情報 > まつり・イベント > トコトコさかいで(まちあるき) > 循環バスで行く「さかいでの昔話を探すツアー」

循環バスで行く「さかいでの昔話を探すツアー」

コスモス
印刷用ページを表示する 掲載日:2015年4月23日更新

さかいでの昔話を探すツアーが開催されました!

平成27年3月28日(土),
坂出市内の“古(いにしえ)”を探しに行ってきました♪

今回は,坂出市の循環バスに乗って移動しました!
JR坂出駅から黄色い循環バスに乗ります。
運賃はどこまで行ってもなんと100円!
安い!!!

バス乗車  坂出北インターバス停

あっという間に,目的地のバス停「坂出北インター」に到着しました。
当日は,快晴という最高の天気で,
まさに,まちあるき日和でした♪

まちあるき

真っ青な空のもと,みんなで雑談しながら坂出市の古を探します。

まず最初にみつけたのは,
「一文字防波堤」。

一文字防波堤  一文字防波堤2

昔,塩で栄えた坂出市では,ここに船をつないで塩を出荷していました。
防波堤が漢数字の“一”のようにまっすぐ続いていることから,「一文字防波堤」と呼ばれるそうです。
また,写真で参加者の方々が立っている場所も,昔は海だったそうです。
とても不思議な感じがしました。

番の州公園

海沿いを歩いて,番の州公園へ。
現在番の州公園では,さかいでのむかしばなしパネルが
公園内各地に設置されています。
今回は,3種類のお話をみましたが,
お時間のあるときに12種類すべてのお話をみながらゆっくりするのもいいですね♪

御供所のお宮

昔懐かしい住宅地の間を歩きながら次に見つけたのは,御供所の小さなお宮さん!
御供所とは,「お供えをする所」という意味で,
昔この辺りに住む人々がお供えをしにきた場所だそうです。

鶏石

そして,御供所のまちを歩いていると...
個人のお宅の庭の中に大きな石が!
これは,昔この辺りに棲んでいた魔物から人々を救ったと言われる鶏が鳴いた場所だということから,
「にわとり石」と呼ばれています。
参加者の方の中には,お孫さんに坂出の昔話を話してあげるんだと
熱心にメモをとっている方もいました♪

カレンダー

そして最後は...

今回歩いた場所のお話も掲載されているむかしばなしカレンダーがお土産♪
まちあるきで訪れた場所のお話もあるので,
みるのがとっても楽しくなります!

★ ひとこと ★

ほかにも,
ビリケの井戸やへその宮,大師の泉など,
たくさんの坂出の古を発見しました。
今回は,晴天に恵まれ,心地良い風のもと
みなさん仲良く楽しいまちあるきができました。

坂出市に住んでいる方もそうでない方も,
今回のような坂出の昔懐かしい街並みや,今も残る昔話を探しに行くツアーはおすすめです。

坂出市では,このツアーのほかにも,まちあるきイベントが盛りだくさん!
ぜひぜひ一度坂出市観光協会のHPも拝見してみてくださいね♪

古のさかいで