ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 分類でさがす > 安全安心・まちづくり > まちづくり > みなと > 話題:飛鳥IIが坂出港に初入港2010

話題:飛鳥IIが坂出港に初入港2010

コスモス
印刷用ページを表示する 掲載日:2010年11月12日更新

 平成22年11月12日(金曜日)日本最大の豪華客船「飛鳥II」が,坂出港林田埠頭(林田A号壁)に入港しました。
 「飛鳥II」は全長 240.96メートル,50,142トン,水面からの高さ45メートルの大きさを誇る客船で,2006年の就航以来,香川県へは初の入港となりました。今回は地元の旅行会社が企画した「坂出市民クルーズ 飛鳥IIで行く秋の釜山と長崎 チャータークルーズ(松山~釜山~長崎~坂出)」の最終港として寄港したものです。

飛鳥歓迎写真

 午後3時,林田埠頭への接岸時には,鴨川福神太鼓の迫力ある歓迎演奏で初入港を祝いました。また,クルーズを終え下船された方々には,坂出市長,ミス坂出などから坂出名産の金時芋が手渡されました。

飛鳥歓迎写真

 その後,船内で寄港記念式が開催され,船長,機関長,ホテルマネージャーに記念品,花束が贈呈されました。船長はあいさつの中で自身の両親が坂出市出身であることに触れ,小さい頃にはよく坂出に遊びに来られていた話など,今回の寄港への特別な想いを話してくれました。
 また,抽選により選ばれた市民100名の船内見学も行われ,参加者らはクルーによる説明を聞きながら,映画館やプールなどの船内施設を観覧し,つかの間の豪華な船旅気分を満喫しました。
 岸壁には飛鳥IIをひと目見ようと多くのかたが訪れ,その美しくて優雅な船体に見とれ,何枚もの写真におさめる姿が,夜遅くまで絶えませんでした。

飛鳥歓迎写真

 翌朝6時40分,飛鳥IIは3度汽笛を鳴らして坂出に別れを告げ,黄砂でかすんだ瀬戸内海を神戸港へ向け出航しました。

飛鳥出航&雄山雌山