ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 分類でさがす > 安全安心・まちづくり > まちづくり > みなと > 話題:坂出港にLNG船が四国初入港2010

話題:坂出港にLNG船が四国初入港2010

コスモス
印刷用ページを表示する 掲載日:2010年1月9日更新

 平成22年1月9日,坂出港番の州地区の液化天然ガス(LNG)基地に,マレーシアから約6万トンのLNGを積載したLNGタンカー(PUTERI ZAMRUDSATU)が初入港しました。液化天然ガスの直接輸入は四国で初めてです。
 平成19年に建設着手したLNG基地の完成に伴い入港したもので,LNG基地は総合試運転を実施後,平成22年春に営業運転を開始する予定です。今後,輸入された液化天然ガスは四国電力(株)坂出火力発電所での発電や四国ガス(株)の都市ガス等に供給され,坂出港が四国におけるクリーンエネルギーの供給拠点となります。

【LNG第1船の諸元】

船名 PUTERI ZAMRUD SATU
全長 276メートル  全幅 43.4メートル  喫水 12メートル
総トン 94,446トン

*液化天然ガスは,石油など他の化石燃料に比べ二酸化炭素や大気汚染物質の排出量が少なく,クリーンなエネルギーと言え,低炭素社会実現への貢献が期待されているエネルギー資源です。

坂出港に入港したLNG第1船

坂出港に入港したLNG第1船