ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 分類でさがす > 安全安心・まちづくり > まちづくり > みなと > 話題:海上自衛隊護衛艦の体験航海2008

話題:海上自衛隊護衛艦の体験航海2008

コスモス
印刷用ページを表示する 掲載日:2008年7月26日更新

 平成20年7月26日(土曜日)27日(日曜日)海上自衛隊の護衛艦「あけぼの」と「さわぎり」が,坂出港林田A号岸壁に入港しました。これは,瀬戸大橋開通20周年を記念して入港したもので,一般公開(船内見学)と坂出港沖の体験航海が行われました。

林田A号岸壁に接岸する護衛艦「あさぎり」

  体験航海では,番の州工業地帯や20周年を迎えた瀬戸大橋を眺めながら,約1時間の坂出港クルーズを楽しみました。
護衛艦甲板からの番の州工業地帯護衛艦甲板からの瀬戸大橋
 体験航海の甲板では,76ミリ速射砲を人に見立てたショーを乗員が巧みな操作で実演すると,乗船者からは大きな拍手が沸き起こりました。また後部甲板では,乗船者はヘリコプターの操縦席を覘いたり,自衛隊員によるラッパ吹奏に聴き入ってました。

自衛隊員によるラッパ吹奏76ミリ連射砲

 戦闘服などの海上自衛隊の制服を着ることもでき,子供たちは思い思いの制服を着て,おとうさんたちに写真を撮ってもらっていました。
護衛艦さわぎり護衛艦の出港