ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

自動車排出ガス対策計画について

コスモス
印刷用ページを表示する 掲載日:2017年8月31日更新

平成20年に施行された「香川県生活環境の保全に関する条例」により,県内に所在する事業所において50台以上の自動車を使用する事業者は,「自動車排出ガス対策計画書」を作成し,知事に提出,公表することが義務付けられています。

坂出市も対象事業所にあたることから,平成20年度から3か年,ついで平成23年度から5か年の計画書を作成し,取り組みを進めてまいりましたが,平成27年度末をもって計画期間が終了しました。

引き続き,坂出市では平成28年度以降の「自動車排出ガス対策計画書」を新たに作成し,公用車全体の環境負荷の低減を図るなど,さらなる大気環境の負荷の低減に積極的に取り組んでいきます。

計画の概要

計画の対象期間

平成28年4月1日~平成33年3月31日

計画の方針

  • 私たちの生活環境や地球環境を守るため,自動車を使用する一人ひとりが排出ガスによる大気汚染者であり,温室効果ガスの排出者であることを認識し,自動車の使用に伴う大気環境の負荷の低減に努める。
  • 自動車の効率的な使用等により,自動車の使用をできるだけ抑制するとともに,整備点検を実施し,アイドリングストップやエコドライブを徹底して,排出ガスを減少させるよう努める。
  • この自動車排出ガス対策計画について,職員への十分な周知を行い,庁内一体となって取り組みを推進していく。
  • この自動車排出ガス対策計画を実施することにより,計画期間中に,年間の二酸化炭素排出量を対基準年度(平成27年度)比で95%まで削減することを目標とする。

平成28年度自動車排出ガス対策実施措置報告書 [PDFファイル/240KB]

自動車排出ガス対策計画書(平成28~33年) [PDFファイル/394KB]