ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 分類でさがす > 安全安心・まちづくり > 防災 > 防災 基本情報 > 社会資本総合整備計画について(危機監理室)

社会資本総合整備計画について(危機監理室)

コスモス
印刷用ページを表示する 掲載日:2017年3月10日更新

社会資本整備総合交付金

 社会資本整備総合交付金は、地方公共団体が、地域の抱える具体的な政策課題や地域のニーズ(活力創出、防災・減災、水の安全・安心、市街地整備などといった政策目的)を実現するため、社会資本総合整備計画を作成し、その計画に基づき、目標実現のための基幹的な社会資本整備事業のほか、関連する社会資本整備やソフト事業を総合的・一体的に実施できるよう、国(国土交通省)が地方公共団体に交付する交付金です。

国土交通省ホームページ(外部リンク)

 
 地方公共団体が、社会資本整備総合交付金により事業を実施しようとする場合には、社会資本総合整備計画を作成し、国土交通大臣に提出することになっています。
 
 また、計画を作成したとき、事業を完了したときはこれを公表することになっています。
 

安全・安心のまちづくり(防災・安全)について

 ・種類
    防災・安全
 ・計画名称
    安全・安心のまちづくり(防災・安全)
 ・期間
    平成26年から平成27年度
 ・計画内容
     計画書 [PDFファイル/667KB]

 ・事業評価結果
    平成28年度 第2回香川県公共事業評価委員会において事後評価を実施
    事後評価書 [PDFファイル/167KB]
    委員会答申書 [PDFファイル/290KB]