ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織 > 危機監理室 > 災害協定を締結しました。(電力復旧)

災害協定を締結しました。(電力復旧)

コスモス
印刷用ページを表示する 掲載日:2014年1月28日更新

災害時の協力に関する協定を締結

 南海トラフによる地震は今後30年以内に70%の確率で発生すると予想されており,また,地球温暖化などの影響により大規模な台風や集中豪雨が懸念されるなど,災害発生時の応急活動体制の整備が急務となっています。

 災害により大規模な停電等が発生した場合,住民生活の維持と安全確保,災害応急活動のための電力供給は重要な課題となることから,電気供給設備の迅速かつ円滑な復旧等を図ることを目的として,四国電力株式会社様と「災害時の協力に関する協定書」を締結し,互いに協力して災害復旧にあたることを確認しました。

【協定締結者】

 四国電力株式会社 執行役員 高松支店長 谷崎 浩一様

【協定の概要】

  • 災害復旧対策の中枢となる官公署(消防,警察,災害対策本部など)や医療機関(災害拠点病院)などへの電力供給設備の復旧を可能な限り優先して実施する。
  • 坂出市の管理する土地や道路等に,仮設電柱や配電線等を設置する場合には,工事の届出について口頭などの簡易な方法により行うことを認める。
  • 平素からの情報交換等,緊急時における問題点の把握に努める。

【協定締結の日】

 平成26年1月28日

【協定締結式の様子】

 四国電力様との協定の状況

防災ズッキーナ

この協定によって,電気供給設備の迅速かつ円滑な復旧が期待できます。