ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織 > けんこう課 > インフルエンザ菌b型(Hib)・小児用肺炎球菌予防接種

インフルエンザ菌b型(Hib)・小児用肺炎球菌予防接種

コスモス
印刷用ページを表示する 掲載日:2014年8月26日更新

インフルエンザ菌b型(Hib)予防接種・小児用肺炎球菌予防接種

 インフルエンザ菌b型(Hib)ワクチンおよび小児用肺炎球菌ワクチンは,細菌性髄膜炎等の細菌感染症を予防するワクチンです。細菌性髄膜炎は,ヒブや肺炎球菌などの細菌が,脳や脊髄を包む髄膜に入り込んでおこる病気で,重い後遺症(聴覚障がい,発達遅延,神経学的障がいなど)が残ったりすることがあります。日本では,毎年約1,000人の子どもが細菌性髄膜炎にかかっています。

接種回数

4回接種(初回3回、追加1回)が標準です。

接種間隔 

ヒブ予防接種標準的な接種

開始が生後2月から生後7月に至るまでの場合

  • 初回免疫 
    27日(医師が必要と認めた場合は20日)以上、標準的には56日の間隔で3回皮下接種
  • 追加免疫
    初回接種終了後7月以上、標準的には13月までの間隔において1回皮下接種
上記以外

(1)開始が生後7月から生後12月に至るまでの場合 

  • 初回免疫
    27日(医師が必要と認めた場合は20日)以上、標準的には56日の間隔で2回皮下接種
  • 追加免疫
    初回接種終了後から7月以上、標準的には13月までの間隔をおいて1回皮下接種

(2)開始が生後12月から生後60月に至るまでの場合

  • 1回皮下接種
小児用肺炎球菌予防接種標準的な接種

開始が生後2月から生後7月に至るまでの場合

  • 初回免疫
    標準的には生後12月までに27日以上の間隔で3回
  • 追加免疫
    初回接種終了後から60日以上の間隔において、生後12月に至った日以降において1回

上記以外

(1)開始が生後7月から生後12月に至るまでの場合

  •  初回免疫
     標準的には生後13月までに27日以上の間隔をおいて2回
  • 追加免疫
     初回接種終了後から60日以上の間隔おいて、生後12月に至った日以降おいて1回

(2)開始が生後12月から生後24月に至るまでの場合 

  • 60日以上の間隔で2回皮下接種

(3)開始が生後24月から生後60月に至るまでの場合

  • 1回皮下接種