ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

坂出市特定不妊治療費助成事業

コスモス
印刷用ページを表示する 掲載日:2017年4月1日更新

  坂出市では,特定不妊治療(体外受精・顕微授精)を受けられたご夫婦に対して,経済的負担の軽減を図るため,治療費の一部を助成する「坂出市特定不妊治療費助成事業」を行っています。

助成対象者 (以下のすべての要件を満たすかた) 

  • 特定不妊治療以外の治療法によっては,妊娠の見込みがないか,または極めて少ないと医師に診断されていること。
  • 法律上の夫婦で,夫婦ともに坂出市に住所があること。(ただし,単身赴任等特別な事情がある場合はご相談ください)
  • 都道府県知事,政令指定都市および中核市の市長が指定する医療機関での特定不妊治療であること 。→詳しくは香川県特定不妊治療費助成事業を参照ください。
  • 申請日の前年(1月から5月までの申請については前々年)の夫婦合算所得が730万円未満であること(所得の範囲および額については,児童手当法施行令第2条,3条の規定を準用しています)→詳しくは所得算定表 [PDFファイル/61KB]を参照ください。
  • 市税を完納していること。
  • 平成28年度以降,初めて助成を受ける際の妻の年齢が43歳未満であること。

対象となる治療

特定不妊治療(体外受精および顕微授精)
※医師の判断に基づき,やむを得ず治療を中断した場合についても,卵胞が発育しない等により卵子採取前に中止した場合は対象外
※夫婦以外の第三者からの精子・卵子・胚の提供,代理母,借り腹は対象外
※文書料,入院費,食事代,個室料等治療に直接的でない費用は対象外

助成額および期間

〈平成25年度より申請をしているかた〉
 特定不妊治療に要した費用のうち,香川県特定不妊治療費助成事業により受け取ることが可能な金額を控除した額で,1年度当たり20万円を限度として,1回の治療につき10万円を超えない額を通算5年間。
 (ただし,他市町村で助成された通算年数,助成総額を控除します)

〈平成26・27年度に新規に申請されたかた〉
(1) 治療開始日において40歳未満のかた
 特定不妊治療に要した費用のうち,香川県特定不妊治療費助成事業により受け取ることが可能な金額を控除した額で, 1回の治療につき治療ステージに応じて10万円または5万円を超えない額を通算6回。
  (ただし,他市町村で助成された通算助成回数、助成総額を控除します)
(2) 治療開始日において40歳以上のかた
 特定不妊治療に要した費用のうち,香川県特定不妊治療費助成事業により受け取ることが可能な金額を控除した額で, 1回の治療につき治療ステージに応じて10万円または5万円を超えない額を通算5回または3回。
・平成26年度新規申請した場合:通算5回
・平成27年度新規申請した場合:通算3回
 (ただし,他市町村で助成された通算助成回数、助成総額を控除します)

〈平成28年度以降に新規に申請されるかた〉
(1) 治療開始日において40歳未満のかた
 特定不妊治療に要した費用のうち,香川県特定不妊治療費助成事業により受け取ることが可能な金額を控除した額で, 1回の治療につき治療ステージに応じて10万円または5万円を超えない額を通算6回。
  (ただし,他市町村で助成された通算助成回数、助成総額を控除します)
(2) 治療開始日において40歳以上,43歳未満のかた
 特定不妊治療に要した費用のうち,香川県特定不妊治療費助成事業により受け取ることが可能な金額を控除した額で, 1回の治療につき治療ステージに応じて10万円または5万円を超えない額を通算3回。
 (ただし,他市町村で助成された通算助成回数、助成総額を控除します)
※年度とは4月1日から翌年3月31日までをいいます。
※治療ステージA・B・D・Eに関しては,1回の治療につき10万円、C・Fに関しては1回の治療につき5万円が上限となります。

区分

内容

新鮮胚移植を実施

冷凍胚移植を実施

以前に凍結した胚を解凍して胚移植を実施

体調不良等により移植のめどが立たず治療終了

受精できず,または胚の分割停止,変性,多精子受精などの異常受精等により中止

採卵したが,卵が得られない,または状態のよい卵が得られないため中止

申請期限

治療終了日の属する年度末(3月31日)までに申請してください。
※ただし,3月中に治療が終了したかた等やむを得ないない場合は,4月末まで申請することができます。事前にご相談ください。 
※申請期限を過ぎると助成できませんのでご注意ください。
※治療終了日については,主治医にご確認ください。

申請の方法

 「香川県特定不妊治療費助成事業」が優先です。まず,治療が終了した年度中に「香川県特定不妊治療費助成事業」の申請をしてください。 その後,坂出市けんこう課へ「坂出市特定不妊治療費助成事業」の申請をしてください。

【提出書類】
(1) 坂出市特定不妊治療費助成事業申請書   申請書(様式第1号) [PDFファイル/176KB]  
(2) 特定不妊治療に係る受診等証明書      受診等証明書(様式第2号) [PDFファイル/130KB]
    または、香川県特定不妊治療費助成申請時に提出した「特定不妊治療費助成事業受診等証明書」の写し 
       ・特定不妊治療を実施した指定医療機関に証明してもらってください。
(3) 住所および法律上の婚姻関係にあることを証明できる書類(続柄記載の住民票等)
       ・夫または妻が世帯主の場合…続柄記載の住民票等
       ・夫または妻が世帯主でない場合…本籍記載の住民票
       ・単身赴任等で別居の場合…夫婦の住民票と戸籍抄本(謄本)
       ※(7)香川県特定不妊治療費助成決定通知の写し,または同意書により証明書類提出を省略できる場合があります。
(4) 夫および妻の前年の所得税を確認できる書類(前年度所得課税証明書と確定申告の控え)
       ただし、給与所得のみのかたは前年度所得課税証明書と源泉徴収票    

*所得税額を確認できる書類が必要な場合*

住所地申請日所得税額を確認できる書類

前年の1月1日現在で坂出市外

1月~5月

前々年度分

当年の1月1日現在で坂出市外

6月~12月

前年度分

※所得がない場合でも必要ですが,(7)香川県特定不妊治療費助成決定通知の写し,または同意書により証明書類提出を省略できる場合があります。

(5) 夫および妻の市税を完納を証明する書類(市町村の発行する完納証明書等)
       ※(1)坂出市特定不妊治療費助成事業申請書(様式1)同意書欄への自署または記名押印により,証明書提出を省略できる場合があります。
(6) 指定医療機関の発行した特定不妊治療に要した費用の領収書
(7) 香川県特定不妊治療費助成決定通知の写し 
(8) 坂出市特定不妊治療費助成事業助成金請求書助成金請求書 [PDFファイル/78KB]

*(1),(2),(8)の書類はダウンロードが可能です。

助成金支払い方法

 申請書等の内容を審査の上,承認したかたに対し坂出市特定不妊治療費助成交付決定通知書を送付し,助成金を口座振込で支給します。

申請窓口

 坂出市 けんこう課 健康係7番窓口

 ※香川県特定不妊治療費助成事業については,中讃保健福祉事務所に申請書類等がありますのでお問い合わせください。

  中讃保健福祉事務所 丸亀市土器町八丁目526番地 (0877)-24-9963