ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 分類でさがす > くらし・教育 > 福祉 > 高齢者 > 後期高齢者医療保険医療費通知の取り扱いについて

後期高齢者医療保険医療費通知の取り扱いについて

コスモス
印刷用ページを表示する 掲載日:2018年2月5日更新

後期高齢者医療保険医療費通知の取り扱いについて

 今般の税制改正により,国においては,平成29年分の確定申告から医療費控除の申告を行う際に,医療保険者から送付されている医療費通知を活用できることとしたところです。

 具体的には,確定申告を行う際に医療機関等の領収書にかえて,病院名や自己負担額などの項目が記載された医療費通知であれば確定申告書に添付することにより,医療費控除の申告手続きを簡素化できるとされています。

 しかしながら,香川県後期高齢者医療広域連合が平成29年度に発送した医療費通知(医療費のお知らせ)につきましては,自己負担額(本人が実際に支払った医療費の額)が記載されておらず,法改正前の様式となっているため,申告手続きに用いることができません。

 つきましては,平成29年分の確定申告にて医療費控除を申告する際には,医療費控除明細書を作成し添付していただくか,従前どおり医療機関等の領収書を添付または提示して申告を行っていただくこととなります。(医療機関等の領収書を添付または提示して申告することができるのは,平成31年分の確定申告までとなっています。)

 ご不便をおかけしますが,何卒よろしくお願いいたします。

 なお,医療費控除の詳しい内容についてはこちら(医療費控除について)をご覧ください。