ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > くらし・手続き > 保険・年金 > 後期高齢者医療 > 後期高齢者医療制度の自己負担(外来編)

後期高齢者医療制度の自己負担(外来編)

印刷用ページを表示する更新日:2018年8月1日更新

一部負担金

 病院等の窓口に「後期高齢者医療被保険者証」を提示して受診します。

 一部負担金として,かかった費用の1割(または3割)を支払ってください。

高額な外来診療を受ける場合

 外来診療において,同一医療機関での同一月の窓口負担が下表の自己負担限度額を超える場合は,被保険者証等を提示することで,窓口での支払いが自己負担限度額までの支払いになります。

 なお,区分2または区分1に該当するかたは,被保険者証に加えて,「後期高齢者医療限度額適用・標準負担額減額認定証」の提示が必要となりますので,あらかじめ申請しておきましょう(現役並み所得者および一般のかたは,認定証は不要です)。申請方法などの詳細は,限度額適用・標準負担額減額認定証の交付をご覧ください。

 <外来の自己負担限度額(1か月)>

 
所得区分負担割合自己負担限度額認定証

現役 3

3割  252,600円+(10割分の医療費-842,000円)×1%不要

現役 2

  167,400円+(10割分の医療費-558,000円)×1%必要
現役 1  80,100円+(10割分の医療費-267,000円)×1%

必要

一般1割

  18,000円(年間限度額144,000円)

不要

区分 2  8,000円

必要

区分 1  8,000円

必要

所得区分についてはこちら

高額療養費の支給

 1か月間の医療費の自己負担額が自己負担限度額を超えた場合は,高額療養費制度の適用が受けられます。くわしくは,高額療養費制度をご覧ください。