ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

~不正大麻・けし撲滅運動~

コスモス
印刷用ページを表示する 掲載日:2012年4月1日更新

 香川県では,毎年4月~5月が「不正大麻・けし撲滅運動」期間となっております。
 近年,マスコミ等で報道されていますが,大麻の栽培や所持による逮捕や検挙者が後を絶ちません。
[けし」の仲間は,春から夏にかけて色鮮やかで美しい花を咲かせるものが多く,ガーデニングや切り花として人気があります。しかし,マリファナの原料となる大麻や麻薬の原料となる「けし」は法律で栽培や所持が禁止されています。特に「けし」は皆さんの身近な所の道端や空き地に自生していることがあります。そのため,ホームページや広報等にて情報提供し,撲滅運動への理解と協力をお願いしております。

中讃保健所管内でも,毎年多数の自生けしが発見されています。

平成23年度運動期間中のけし除去実績

市町名

除去箇所数

除去本数

丸亀市

24箇所

4,918本

坂出市

26箇所

10,633本

善通寺市

17箇所

4,684本

宇多津町

0箇所

0本

綾川町

5箇所

1,763本

琴平町

0箇所

0本

多度津町

1箇所

2本

まんのう町

1箇所

8本

合計

74箇所

22,008本

 

運動期間外のけし除去実績

市町名除去箇所

除去本数

坂出市

1箇所

76本


けしの栽培に注意しましょう。

 「けし」はたいへんきれいな花ですが,植えてはいけない「けし」があります。植えていけない「けし」には麻薬の原料のアヘンが含まれていますので,許可を受けなければ栽培できません。
 しかし,花がたいへんきれいなため,栽培が禁止されている品種を誤って庭に植えていることがありますが,観賞用でも取締りの対象になりますのでご注意ください。

植えてはいけない「けし」の特徴

(1)ソムニフェルム種

  • 草丈 1.0~1.6m
  • 葉  白味を帯びた緑色で,ふちは不規則なぎざぎざで,葉の切れ込みが浅く,茎上部の葉は茎を抱きこむ。
  • 毛  葉・茎・つぼみの表面には,ほとんど毛がない。
  • 花  直径8~12cmぐらいの大きな花で,色は赤,桃,紫,白色など多様で,一重咲きは花弁が4枚,八重咲きもある。
  • 果実 楕円または球状の上部が平たい皿状で,直径3~6cm、長さ3~7cm。

(2)セティゲルム種

  • 草丈 0.5~1.0m
  • 葉  緑色で,ふちは不規則なぎざぎざで,葉の切れ込みがやや深く,茎上部の葉は茎を抱きこむ。
  • 毛  葉の裏の主脈やつぼみの下の茎に毛がある。
  • 花  直径6~8cmくらいの花で,色は薄紫,赤などで,一重咲きは花弁4枚。
  • 果実 卵型または短楕円形でソムニフェルム種より小形。

不正栽培や,自生している「けし」を発見したときは、

県薬務感染症対策課,中讃保健所,坂出市けんこう課へご連絡ください。

県薬務感染症対策課 麻薬・薬事監視グループ
 Tel 087-832-3301

中讃保健所衛生課 薬物乱用防止担当
 Tel 0877-24-9964
 Fax 0877-24-8343

坂出市けんこう課 健康係
 Tel 0877-44-5006
 Fax 0877-44-5068