ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織 > 人権課 > 家事場のパパちからスクール参加者追加募集!

家事場のパパちからスクール参加者追加募集!

コスモス
印刷用ページを表示する 掲載日:2017年10月3日更新

家事場のパパちからスクール参加者追加募集します!

 第2日目,10月22日(日)の講座について,参加者を追加募集しています。2日目は,調理実習や介護について学びます。

 詳細は,下記のとおりです。参加を希望のかたは,平成29年10月12日(木)までに坂出市人権課(0877-44-5008)までご連絡ください。

 ※第1日目の実施状況も掲載しています。お子さまも一緒にご参加いただける楽しい講座となっていますので,気軽にご参加ください。

家事場のパパちからスクールを開催します!

  男性が「家事」,「子育て」,「介護」,「地域活動」等について,必要な知識やスキルを学ぶための連続講座を開催します。

  講義だけでなく実技やワークショップを交え,楽しみながら学べる体験型講座になっていますので,気軽にご参加ください。みなさまのお申込みを心よりお待ちしております。

事業内容        

 日  時  

  【第1日目】  

    平成29年 9月30日(土)      (1) 子育て編 : 13時30分~15時      

                         (2) 地域活動編 :15時10分~16時40分 

  【第2日目】  

    平成29年10月22日(日)      (1) 家事編(調理実習) : 10時~11時30分   

                         (2) 介護編 : 12時30分~14時

 場  所   

   坂出市勤労福祉センター

 講 座 内 容

 (1) 子育て編 

   身近なものを使った遊びを実際に子どもと体験しながら,家事・育児に主体的に関わることの大切さや子どもの発達に応じた運動遊びを学んだり,父親の時間管理とワーク・ライフ・バランスについて考えます。

 (2) 地域活動編

   ワークショップを通じて,パパ友づくりを体験します。

 (3) 家事編

   調理実習を通じて,家庭でできるメニューを習得します。

      【調理メニュー】マーボー豆腐丼・中華風茶わん蒸し・春雨とわかめのスープ  ※メニューは変わることがあります。

 (4) 介護編

   クイズを通じて,介護保険制度の仕組みを学びます。また,仕事と介護の両立を考え,実際に家庭介護に役立つ介護技術を身につけます。  

お申込み

  対 象 

  主に子育て中の男性(お子さまと一緒にご参加いただけます。)

  申 込 み 方 法

  市人権課まで,所定の申込用紙に必要事項を明記のうえ,FAX・E-mail・郵送・持参のいずれかの方法でお申し込みください。

  ※無料託児所を開設しています。利用をご希望のかたは,その旨も併せてお知らせください。

  ★申込用紙(チラシ裏面) チラシ兼申込書 [PDFファイル/1.34MB] 

     FAX      0877-44-3604

     E-mail     jinken@city.sakaide.lg.jp

     住 所    〒762-8601 坂出市室町二丁目3番5号 坂出市人権課

    ≪締切≫  平成29年10月12日(木) 【定員20名】 ※応募者多数の場合は,先着順とします。

  なお,ご不明な点等がありましたら,市人権課(0877-44-5008)までご連絡ください。

第1日目のご報告

 平成29年9月30日(土)に第1日目の講座を開催いたしました。第1日目は「子育て編」・「地域活動編」です。

 12名のかたにご参加いただき,講義と実技を織り交ぜた講座で楽しく学んでいただくことができました。

 ≪子育て編≫

  子育て編では,参加者どうしで会話を交えながら,子どもと接する際に大切にしてほしい「話を聞く」・「相手を褒める」などのスキルを学んだのちに,実際に新聞紙やバスタオルを使った遊びを教えていただきました。

  参加者のみなさま自身が子どもになったつもりで遊んでみたり,実際にお子さまと一緒に遊んでみたり,楽しい時間を過ごしました。 

 子育て1      子育て2     子育て3

 ≪地域活動編≫

  地域活動編では,4名ずつの班ごとに分かれ,「自分たちの個性や特技を生かして,どのような地域活動ができるか」について考えていただきました。各班からは「地域のパトロール活動」や「それぞれの得意分野を生かした講座の開催」などの意見が出され,地域と関わりをもつことでなかまづくりにつながったり,気軽に始められるといった地域活動の良さを感じていただくことができました。

 地域活動1     地域活動2