ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

テレビ広報

コスモス
印刷用ページを表示する 掲載日:2017年9月20日更新

かがやく さかいで(KBN 香川テレビ放送網)

ふるさと坂出(KSB瀬戸内海放送)

さかいでっこガイド隊と謎解き!! さかいで港の魅力 2017年8月26日OA
さかいでっこガイド隊は、ふるさと「さかいで」に愛着を持ち、自ら情報を発信できる子どもたちを育成することを目的として、平成23年度より活動しています。
今回のガイド隊では、坂出港の魅力・秘密を感じていただくため、港にまつわるクイズもたくさんあります。

さかいで特産品めぐり 2016年11月26日OA
 今回のテレビ広報番組では、坂出市の豊かな風土で育まれてきた坂出三金時、塩、オリーブ、サヌカイトなどの「特産品」を紹介。また、その特産品から生まれた逸品「さかいでブランド」も登場します。


~ 学ぶ!!未来のトンボ学校 ~ ~ 2016年8月27日OA
 今回のテレビ広報番組では、廃校となっていた旧王越小学校が青少年等の宿泊型野外活動施設として再整備されることに先立ち開校された「トンボ学校」で子どもたちが、学校や学年の枠を超えて楽しく学ぶ様子や、地元郷土料理「鯛めし」等、坂出市王越町の魅力を紹介します。

坂出市政だより(RNC西日本放送)

「坂出市政だより 平成29年度の取り組み」(2017年7月30日OA)
坂出市のまちづくりの将来像である「働きたい 住みたい 子育てしたい 共働のまち さかいで」の実現に向けて各種施策を展開している綾宏坂出市長が29年度の取り組みについてお話します。

「坂出市政だより 平成28年を振り返って」(2016年12月25日OA)
平成37年度までの10年間を計画期間とする「坂出市まちづくり基本構想」に基づいたまちづくりが始まり、市民共働を基調として、決意も新たに「働きたい 住みたい 子育てしたい 共働のまち さかいで」の実現にむけて実行されている綾宏坂出市長が、平成28年を振り返ります。

「坂出市政だより 平成28年度の取り組み」(2016年6月19日OA)
坂出市政の最上位の方針となる「坂出市まちづくり基本構想」を策定し、市民のみなさまと共働で坂出創生を進めている綾宏坂出市長が28年度の取り組みについてお話します。

ぶらり坂出(KBN 香川テレビ放送網)

「交流の里 おうごし」誕生!2017年3月31日OA
平成23年3月末に廃校となった旧王越小学校が、「青少年の新しい活動の場」また地域の中核施設としての「にぎわいづくりや交流の場」としての機能を有した宿泊型野外活動施設「交流の里 おうごし」として生まれ変わります。

芸術でまちおこしスペシャル ~サーカスやアンドロイドがやってくる~ 2017年1月19日OA
瀬戸内国際芸術祭2016で多くの来場者があった沙弥島会場。関連イベントとして旧藤田外科、人工土地で開催した坂出アートプロジェクトにも、数多くの来場者が訪れ、大いににぎわいました。秋からは、芸術に関連するイベントを毎月開催し、芸術をとおしてのまちづくりに力をいれています。
平成29年1月、2月に開催された現代サーカス「サカイデ マングローブ」とアンドロイド演劇「さようなら」をご紹介します。

「瀬戸内国際芸術祭2016沙弥島~食とアートでおもてなし~」2016年3月27日OA
瀬戸内国際芸術祭2016が3月20日に開幕しました。今回のテレビ広報番組では、沙弥島会場の作品とアート一色に染まった坂出市街地の魅力をご紹介します。